華道へのイメージ

学生時代の部活動の中に華道部があった人はほとんどだと思われます。
大人になってもカルチャークラブでの習い事の中に華道というのはあります。

華道のイメージというとセレブのものというイメージを持っている人も多くいます。
芸術という印象が強いため、とても敷居を高く感じてしまうのです。

しかし、日常の中でお花をもらえばそれをいけて飾ります。
実際の華道というのはそれと同じようなものであり、趣味として自宅でお花を生けるのも十分な華道となります。
そんなに難しく考えず、花を活けることを楽しめれば十分に華道を楽しむことになるのです。

自己流華道、プチ生け花を楽しむ

華道家の人の作品や生け花展というのに足を運べばその作品のスケールの大きさに驚きます。
花をただ活けるのではなく全方向から楽しめるように側面ごとの印象を変えたり、花器のサイズも家庭の花瓶では考えられないようなサイズのものを使ったりしています。

このような印象から華道には自分は縁がないと思う人も多いです。
しかし、花を活けるという行為にはストレス発散になる効果やリラックス効果など、心の休息に役立つ効果もあります。
そこで、最近では深くルールを気にせずに自己流での生け花を楽しむという人も増えていますし、それを推し進める雰囲気もできています。

お祝いやお見舞いで花をもらう時、もらったお花を花瓶に移すとき、ただ移せば良いわけではありません。
やはりバランスを考えて活けていかないと花の良さが減ってしまいます。
上手に美しく見せるためにはコツがあり、それを習っておくとちょっとした花をいけても見栄えが良くなります。

華道というのはコツが必要なものではあるものの、明確な答えがあるわけではありません。
その人なりの感じ方で自分が良いと思うように花をいければ十分に楽しむことができます。

そして、センスというのは経験を積めば十分に身につけられます。
定期的にお花を購入してきて自分なりにいけていけば少しずつ上手ないけ方を身につけられるようになっていきます。
最近ではお花もリーズナブルに購入できるものが増えているので自宅で生け花をしても、さほどお金がかからずできるので新しい趣味として行うこともできます。

お花というのは見た目も香りも楽しめるものです。
触れているだけでストレス解消効果も得られ、女性の感性を刺激してもらえ日々の忙しさで忘れかけている女性らしさを取り戻す効果もあります。

活ける時にも楽しむことができ、なおかつ活けてからもその美しさを楽しむことができます。
作ること、鑑賞することと二度楽しめるのも生け花の魅力なのです。
華道を楽しむには欠かせない環境が整えられているのです。