田舎暮らしの金銭事情

田舎暮らしはリーズナブル?

都会での生活というのは何かと疲れるものです。
物が溢れており、遊ぶところもたくさんあるために、都会での生活は楽しものです。
しかし、逆にこの飽和した暮らしというのは情報過多となり疲れてしまうことも多くあるのです。

疲れてくると人というのは自然との触れ合いを求めるものです。
休日に自然のある地域に足を運びただのんびり過ごしたり、散策やサイクリング、といったことをして体を動かして楽しんだりと人によって様々な楽しみ方をします。
このようなリフレッシュをする中で、都会の便利さを捨てて田舎でひっそりと生活をしたいということを考える人もいるのです。

最近ではリーズナブルに借りられる借家を借りて週末の田舎暮らしをする人や、定年後に田舎での生活を希望して移住をしたりする人も増えています。
移住をすることで田舎で生活をするので、のんびりと過ごせたりお金をかけずに静かに暮らせるというイメージがもたれています。

田舎暮らしと金銭事情

田舎暮らしというのはお金がかからないイメージが強いです。
物価が安いために日々の買い物にはお金がかからないというふうに思われがちです。
また、地代家賃も安いところが多いために、月々の生活費は少なくていいと思う人が多いものです。

しかし、田舎でも必要なものはたくさんありますし、お金を必要とする場面もたくさんあります。
例えば、田舎では車での移動が必須であるためにガソリン代はかかるものです。
地域によって差がありますが、山間部というのはガソリンの輸送費用もかかるためにガソリンが割高であることもあります。

また、田舎に行くほど学校やスーパーまでの移動距離が長くなるので月に必要なガソリンの量も増えます。
そのために、車の維持費やガソリン代というのは都会での生活よりもかかることが多いです。

また、道路状況が悪いところも多いですし、冬には雪が降ることもあります。
そのために、特に大きな荷物を運ぶことがなかったとしてもバンヤ軽トラを運転する人が多いのも田舎暮らしの特徴です。

光熱費についても案外とかかることがあります。
山間部などは寒い地域も多いので、冬場は暖房が必須であり終日利用することも多いです。
秋には暖房をつけ始めるので自ずとその使用量が増えるのです。

また、田舎暮らしというのは都会では必要ない物品の購入が必要です。
本格的に行わなくても最低限の農具は必要ですし、草刈機や日曜大工の道具も必要です。
これらのものを取り揃える費用、管理をするための費用というのも必要ですし、場合によっては保管スペースを借りる必要がえてくることもあります。
田舎にもメリットは沢山ありますが、都会で当たり前のことができないこともありますので、しっかりと把握して楽しい田舎生活が送れるようにしましょう。