田舎暮らしを始める準備・手続きについて

田舎暮らしへの憧れ

都会の生活に疲れたという思いをすることはたくさんあります。
仕事がハードになると自然に囲まれた生活をしたいと思ったり、何もかも手に入る生活からあえて離れたいと思ったりするものです。
しかし、なんでも手に入る便利な生活を手放すということにも勇気が必要です。

田舎での生活というのも楽しいことばかりではありません。
そこで、移住をするにあたってはたくさんの計画準備をする必要があります。
そして良いところも悪いところも理解した上で行うことが重要です。

田舎暮らしを決断するまで

定年退職後の生活として田舎暮らしを決断する人もいます。
退職金での生活をしながら、自給自足で必要な野菜を生産するような生活というのは興味を持たれることも多いです。
しかし、移住するにはたくさんの準備が必要ですし、移住したからといって思い描いているような生活を実現できるとは限りません。

農業をすることはとても大変なことですし根気が必要です。
そして努力が必ず身を結ぶわけではなく思うように収穫ができなかったり、収穫をしても味がイマイチだったりすることもあります。
地元の人に馴染めないこともあり、せっかくの機体に満ち溢れた田舎暮らしが思うようにいいかないケースのあるのです。

また、移住にあたっては引越しの準備も大変なのです。
水道光熱といったライフラインの変更届や転出転入届けの提出、引越し先の物件探しなどやるべきことはたくさんあります。
これだけのことをして引越しをするので、失敗をしないように事前にしっかりと地域のリサーチをして生活できる場所であるか、自分も馴染んで暮らせるかといったことを確認しておくことが重要です。
パスポートの書き換えや自動車の登録変更、車庫証明の取得など行うべき手続きが多いので、リスト化して一つずつこなすことが重要です。

田舎暮らしは生活のスケールが違う

田舎暮らしをするには車が必須です。
都心のように常に電車やバスが走っているわけでなないので移動については自分で車でする必要があるのです。
また、生活する場所やその内容によっては普通車では対応できないこともあります。
未舗装道路が多い地域や、自分での自給自足生活をする際には軽トラが必要な地域もあります。

軽トラもリーズナブルに購入できるものも多くありますし、維持費も意外とリーズナブルであったりします。
大きな荷物の積み込みや未舗装道路の走行にも強いので田舎暮らしの必需品でもあるのです。

また、他にも田舎暮らし独特の道具が必要です。
農業をするならば一通りの農具も必要ですし、農業をしなくても自宅周辺が自然豊かであるために草刈機やのこぎり等も準備をする必要があるのです。