茶道

茶道は敷居が高い?

多くの人は、茶道に対して難しい印象を抱いているものです。
中学や高校の部活動ではあるものの、お点前についての知識や流派についての知識などかなり難しいものが要求されるように思いがちです。

また、教室に通わなければできないものであるというイメージも強いものです。
自宅で軽く始めることというよりは教室に通って指導を受けたりお仲間と楽しむものであるという印象が強いですし、お道具の準備も必要であるため、始めることに対して敷居の高さを感じる人も多いものです。

お茶を始めてみる

お茶を始めるということは意外と簡単なことです。
お教室に通うならば始めのうちの慣れるまではお道具等は一通り先生に借りながらじゅんびをすすめることもできます。

最初はお手前も頂き方もわからなくて当然のことです。
とにかく気軽に好きなように楽しんで、少しずつ季節を楽しんだり背筋や手の指の揃えといったことを覚えていくようにすれば十分です。

お茶の楽しみ方

お茶というと、高級な茶器を購入したり着物を用意したりということをイメージしがちです。
しかし、あくまでもお茶の時間を通して心を落ち着かせたり静かに自分の心や外の空気を感じたりすることに重きがあります。
そこでまずはお茶の時間を楽しむことを考えていれば十分です。

お茶の中で大事なものの一つに掛け物と花といった季節感の演出をするものがあります。
掛け物は掛け軸のことであり、その季節にあったものを飾ります。

掛け物が必要だからと無理に季節に応じて季節の絵のある掛け軸を用意する必要はありません。
季節にあったものを用意するとなると、お正月や節分、節句、七夕、お月見などたくさんのものが必要となります。
準備に追われてしまえば茶の湯を楽しむことはできません。

本格的に楽しむようになれば、もちろん掛け物を揃えていくことを楽しんでも良いのですが、慣れるまでは手元にあるもので季節の演出をすれば十分に楽しむことができます。
例えば、絵画や絵手紙を自分で書いてみたり、置物を用意したりということでも十分に季節感を演出できます。

また、掛け物や置物の準備が難しければお花を用意すれば十分です。
お花もお茶を点てるたびにお花屋さんにいきお花を用意するのは大変です。
庭先や道端に咲いている季節のお花を摘んできて楽しむのでも十分なのです。

お茶の場面でのお花には、花器やお花の種類へこだわらなければならないように思う人も多いものです。
しかし、茶花というのは咲き盛ったものよりも開きかけの蕾や野草といったものが好まれる傾向があるので、無理に飾らず自分の身近にあるもので揃えるので十分なのです。
このように茶道を楽しく対応することができます。

プチ生け花

華道へのイメージ

学生時代の部活動の中に華道部があった人はほとんどだと思われます。
大人になってもカルチャークラブでの習い事の中に華道というのはあります。

華道のイメージというとセレブのものというイメージを持っている人も多くいます。
芸術という印象が強いため、とても敷居を高く感じてしまうのです。

しかし、日常の中でお花をもらえばそれをいけて飾ります。
実際の華道というのはそれと同じようなものであり、趣味として自宅でお花を生けるのも十分な華道となります。
そんなに難しく考えず、花を活けることを楽しめれば十分に華道を楽しむことになるのです。

自己流華道、プチ生け花を楽しむ

華道家の人の作品や生け花展というのに足を運べばその作品のスケールの大きさに驚きます。
花をただ活けるのではなく全方向から楽しめるように側面ごとの印象を変えたり、花器のサイズも家庭の花瓶では考えられないようなサイズのものを使ったりしています。

このような印象から華道には自分は縁がないと思う人も多いです。
しかし、花を活けるという行為にはストレス発散になる効果やリラックス効果など、心の休息に役立つ効果もあります。
そこで、最近では深くルールを気にせずに自己流での生け花を楽しむという人も増えていますし、それを推し進める雰囲気もできています。

お祝いやお見舞いで花をもらう時、もらったお花を花瓶に移すとき、ただ移せば良いわけではありません。
やはりバランスを考えて活けていかないと花の良さが減ってしまいます。
上手に美しく見せるためにはコツがあり、それを習っておくとちょっとした花をいけても見栄えが良くなります。

華道というのはコツが必要なものではあるものの、明確な答えがあるわけではありません。
その人なりの感じ方で自分が良いと思うように花をいければ十分に楽しむことができます。

そして、センスというのは経験を積めば十分に身につけられます。
定期的にお花を購入してきて自分なりにいけていけば少しずつ上手ないけ方を身につけられるようになっていきます。
最近ではお花もリーズナブルに購入できるものが増えているので自宅で生け花をしても、さほどお金がかからずできるので新しい趣味として行うこともできます。

お花というのは見た目も香りも楽しめるものです。
触れているだけでストレス解消効果も得られ、女性の感性を刺激してもらえ日々の忙しさで忘れかけている女性らしさを取り戻す効果もあります。

活ける時にも楽しむことができ、なおかつ活けてからもその美しさを楽しむことができます。
作ること、鑑賞することと二度楽しめるのも生け花の魅力なのです。
華道を楽しむには欠かせない環境が整えられているのです。

大人ぬりえ

大人ぬりえの流行

文字トレーニングや天声人語や写経といった書写をするものが流行を見せています。
一心不乱に文字を書くことがストレス解消になったり、集中することで気持ちが落ち着いたりという効果があると言われています。

この流れを受けて大人のぬりえが同じように流行をしてます。
大人がぬりえをすることによってもいろいろな効果を得られるのです。

大人ぬりえの効果

子どもが家にいたり、姪っ子や甥っ子と遊んだり、保育士が保育園で園児と遊んだりという場面で大人が子どものぬりえに付き合う場面があります。
このような時、ぬりえをすることを楽しめたという大人はとても多いです。

色を塗るという行為にははみ出ないようにと気をつけたり色のバランスを考えて塗ったりという作業が意外と楽しめるものです。
ぬりえをすることによって、いろいろな効果を得ることができます。

例えば、リラックス効果が得られたり、ストレスが解消できたりします。
また、アートセラピーとしての効果を得ることもできます。
集中して作業をすることがストレス発散になったり脳の老化防止になったりもします。

絵を描くというのは絵心の有無によって楽しめる人とそうでない人とがいます。
ぬりえというのは絵心関係なく誰でもできますし、はみ出さずに塗るというのは大人になって細かく手先が動くようになれば多くの大人がうまく行うことのできる作業です。
上手下手関係なく行うことのできる作業であるために楽しみながら塗ることができ、このような効果を得ることができるのです。

大人のぬりえの特徴

大人のぬりえというのは子どものものとは違い、塗るものが少し変わっています。
子どものぬりえはイラストを元に塗っていきますが、大人のぬりえはそのようなものだけでなく柄を塗っていくものが多いです。

この柄を塗るものというのは柄が細かいために作業に集中が必要です。
この集中する作業によってストレス解消やリラックス効果が得られます。
また、既存のものではなく自分で完成図をイメージをして色を配色していくことで脳を活性化することにも役立ちます。

中には世界の伝統的な模様を特集したものや、日本古来からの絵柄を取り扱ったもの、子どもの頃を思い出せるような絵柄でありつつも大人向けの細かなものなど種類豊富で下絵を見ているだけでも十分に楽しむことができるものが増えています。
最近のぬりえの中には3Dタイプのものも出てきており、進化を続けています。

多くの書店には大人ぬりえのコーナーがありたくさんのぬりえの本が販売されています。
自分の好みのものを見つける方が作業にも集中しやすく楽しめるので自分で選ぶことがオススメです。
自分のライフスタイルにあわせて対応しましょう。

渓流釣り

渓流釣りの魅力とは

田舎暮らしを夢見て移住を検討している方もいると思いますが、期待もある反面、不安を抱くことも多いのではないでしょうか。
もちろん人によって感じる不安は様々ですが、なかには移住しても娯楽がなく、退屈なのではないかと考える方もいると思います。。
このように、田舎では娯楽が少ないというイメージを多くの人々が抱きがちですが、実際はそうでもありません。
田舎だからこそできる娯楽もたくさんあります。

例えば、渓流釣りです。
大自然を流れる澄んだ川には数多くの魚が生息しています。
このことは釣り好きにとってはたまらないでしょう。
釣りの経験がない方でも、移住を機に挑戦すれば、新たな楽しみが見つかるかもしれません。

釣れる魚の種類

では、渓流釣りではどのような魚が釣れるのでしょうか。
代表的なのはヤマメ、アマゴです。
この他、ニジマス、鮎、そしてイワナなども釣ることが可能です。

ただ、流域によって釣れる種類は異なるので、目当ての魚がいる場合はそこまで足を運ぶ必要があります。
特にヤマメは源流にいる場合が多く、初心者のうちは諦めた方が無難です。
ある程度経験を積んでから挑戦するようにしましょう。

また、渓流釣りで釣れる魚は天然のものではないことがほとんどです。
河川は漁協組合によって管理されていますが、こうした団体は川に魚を放流することを義務付けられています。
天然の魚は、釣りや開発などによる人的要因によって減少し、ときには川からいなくなることもあります。
しかし、放流することによって川に魚が戻り、釣りを楽しむことができるのです。

なお、川にも禁漁期間があります。
これは天然魚を守るための措置で、数の増加が見込まれると解禁となります。
期間は河川によって異なりますので、管理する漁協組合に直接問い合わせるか、組合のホームページを見るなどして調べると良いでしょう。
もし禁漁期間中に釣りをすると罰金や懲役が科せられる可能性もあるので、しっかりとルールを守りましょう。

渓流釣りの注意点

さて、このように魅力的な渓流釣りですが、注意すべき点もあります。
それは、渓流は水の流れが速く、危険な場所でもあるということです。

水量は山間部での雨量によって変わりますし、上流の方で土砂降りの雨があると、大量の水が急激に押し寄せてくることもあります。
この場合、水難事故に遭う危険性がとても高くなるでしょう。
そのため、釣りに行く際には豊富な経験のある方と行動を共にした方が無難です。

またベテランクラスになると、あまり人の入らないような源流の方まで足を運ぶこともありますが、こうした場所は危険ですので、初心者の内は立ち入らないようにしましょう。
この他、上述の禁漁期間などのルールやマナーをしっかりと守ることも重要です。
これらのことに注意さえすれば楽しい経験をすることができるはずなので、田舎暮らしを始めるにあたっては一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

日曜大工

田舎では日曜大工を思う存分楽しめる

日曜大工を趣味としている方は多いと思います。
実際、棚やテーブルといった家具から子どものおもちゃまで、様々なものを日曜大工で製作してきたという方もいるはずです。
たた、こうした趣味は都市部では制約があります。

マンションやアパートでは、作業音が同じ建物の住人や近隣住民にとって迷惑となる可能性がありますし、ゴミの問題もあります。
一戸建てであっても、都市部では広い土地を確保するのは難しいので、大掛かりなDIYは難しいかもしれません。
しかし、田舎暮らしなら話は別です。
思う存分に、日曜大工を楽しむことが可能になります。

日曜大工で作ることができるもの

田舎では地価が安いので、都市部では考えられない程の広い土地を所有することも可能です。
そうすれば、どんなものでも日曜大工で製作することができます。

例えば、犬小屋です。
犬小屋作りは、DIYを趣味としている方なら割とオーソドックスともいえます。
ただ、都市部では上述のように近隣住民とのトラブルが起こりやすいため、今まで挑戦してこなかったという方もいるでしょう。
しかし、田舎暮らしではこうした心配は必要ありません。

また、もっと規模の大きなものに挑戦している方もいます。
生活をするうえでは何かと使わないものも増えてきますが、捨てるのはもったいないと考える方も多いでしょう。
そんな時、必要となるのが物置です。
ただ、市販のものだと大きさやデザインが気に入らないということもあるかもしれません。

そこで、DIYで物置を作る方もいます。
これなら知識とアイデア、そしてそれを実行する技術さえあれば、自分好みの物置を作ることが可能です。
工夫さえすれば、市販のものよりも機能性に優れ、デザイン的にも凝ったものが完成するでしょう。

それだけではありません。
なかには、ガレージを日曜大工で製作したという方もいるのです。
バイクや車が好きな方にとっては、自分専用のガレージを持つというのは憧れでしょう。
そして、たまには一人きりの時間を過ごしたいと考える方にとっても、ガレージの存在は有意義です。

ただ、かなり大規模な工事が必要となるため、基礎工事については業者に依頼するという方法もあります。
ガレージを作るとなると、いずれにしてもかなりの費用もかかりますし、十分な強度がないと倒壊する危険もあります。
特に雪の多く降る地域では、こうしたケースが多々あるので、よほどの経験や知識がない限り、業者に頼んだ方がいいかもしれません。
ただし、全て独力で作ったという方も多くいるので、自力でガレージを作ることが不可能というわけでもありません。

このように、田舎暮らしでは根気と資金さえあれば、どんなものでも作ることが可能です。
作り方などはインターネットでも調べることができますから、DIYが趣味という方だけでなく、初心者でもチャレンジはできます。
これから田舎暮らしを始めようと考えている方は、日曜大工についても挑戦してみてはいかがでしょうか。

ジョギング・ウォーキング

田舎暮らしの楽しみとは

近年、田舎暮らしを始める方が増えていますが、どこに魅力を感じるかは人それぞれです。
身近な場所に自然があるということが魅力的だという方もいれば、ゆったりとした生活を送れることが魅力だと考える方もいます。
そして、なかには田舎ならではの楽しみにすっかり心を奪われてしまったという方もいるのではないでしょうか。
娯楽があまりないとされている田舎ですが、実は都市部ではできないような楽しみも多くあります。

ただ、全ての方がこうした楽しみを見つけられるとは限りません。
移住した全ての人が田舎での生活に満足しているわけではないのです。
なかには暮らしに退屈さを感じたことが原因となり、都市部に戻って来るケースもあります。

このことから、田舎暮らしを魅力的なものにするためには、趣味を見つけることも重要です。
では田舎での生活をするにあたっては、どのような楽しみがあるのでしょうか。

田舎でのジョギング・ウォーキングは一味違う

田舎暮らしの趣味として、まずおすすめしたいのはジョギングやウォーキングです。
これらの運動は都会でもできますから、現在やっているという方も多いでしょう。
確かに田舎だからこその楽しみとはいえませんが、誰でも始めることができますし、既にこうした習慣のある方は継続して行うことができます。

それに都会では感じることのできない、田舎でのジョギングやウォーキングならではの楽しさもあるのです。
まず空気が違います。
都市部では交通量が多いため、車の排気ガスなどによって空気が汚染されていますが、田舎ではその心配がありません。
そのため、澄んだ空気を堪能することができるでしょう。

また、ジョギングやウォーキングは有酸素運動とも呼ばれるように、酸素をエネルギーとして体内に取り込みます。
車の行き来が激しい通りでこうした運動を行うと、大量の排気ガスを吸い込むことになり、健康に悪影響を及ぼしかねません。

それに対し、交通量の少ない地域ならこうした心配もありませんので、思う存分に運動することができます。
ただし、街灯などのない場所では車の往来が少ない分、夜になると真っ暗になってしまうので、夜間にこうした運動をする方は注意が必要です。
万が一の場合に備え、明るい色の服装をするなり、反射材をつけるなりなどしてドライバーが認識しやすいようにしましょう。

そして、田舎でのジョギングやウォーキングの最大の魅力としては、壮大な景色を存分に楽しめるという点にあるのではないでしょうか。
視界いっぱいに広がる田園風景や緑豊かな山々、澄んだ川やそこで暮らす魚など見どころがたくさんあるので、飽きることはないはずです。

熊などの動物には注意すべし

このように、田舎でのジョギング、ウォーキングには様々な魅力があります。
しかし、注意点もあります。
それは動物の存在です。
場所や時期によっては、熊やイノシシなどの危険な動物と遭遇する可能性もあります。

特に、春や次の冬眠に備える秋は熊の活動期になりますので、注意が必要です。
とりわけ朝や夕方などの薄暗い時期に活動する傾向があるので、こうした時期にはクマの出没しそうな場所での運動は避けた方が無難です。

家庭菜園

どこでも簡単

土いじり、手や指さきを動かすことはヒトの脳にとってもよい働きをするということをご存知でしょうか?
昔も今も土いじりは好きな人が多く都会ではガーデニングも人気ですよね。
都会での家庭菜園はプランターなど限られたスペース。
しかし、田舎では広大な庭にあたなの好きな野菜や花を栽培することができます。

家庭菜園始めました

家庭菜園はプランターや庭があれば気軽に始められます。
それにはまって、もっと色々種類の野菜や花を育てたいと田舎に移住する人もいることでしょう。

庭で家庭菜園をすると、敷地が確保できるので色々なものを栽培できます。
何を栽培しましょうか?野菜によっては場所や気候、土質が限られることがありますので安易に好きなものだけをいっぺんに栽培することができないかもしれません。
栽培には、成長までに日数がかかるものやそうでないものと特徴も様々。

都会と田舎の違い

家庭菜園における都会と田舎の違い見ることにしましょう。
都会の場合は、場所の問題や日当たり、一軒家ならともかくマンションの場合ベランダでの菜園は限られるケースがあります。
土や肥料などはわざわざホームセンターでキットを購入しなければなりません。
家庭菜園を始めるために一式そろえた状態にするまでに割と手間がかかります。

少しばかり人工的な香りがしますよね。
意外とネックになるのが日当たりです。
一方の田舎での家庭菜園の場合、日当たりを気にする必要はまずありません。
プランターもあえて使わなくても畑に土もありますし、自然の素材から栽培ができてしまいます。

虫や動物との戦い

田舎での家庭菜園の場合、虫や動物との戦いが必要になります。
田舎は自然が多い分、菜園などで野菜を作るとそれを狙う虫や動物が現れます。

野菜などの食物は虫や動物にとっても美味しいエサなので、収穫前に食べられてしまうこともあります。
それだけ無添加で自然の物なので、人間の身体にとっても栄養素の高い美味しい食物であることは間違いないのですが、育て主が食べる前に食べられてしまっては意味がありません。
あれこれを先人の知恵を使って外敵から守らなければいけません。

家庭菜園のよさ

都会であろうと田舎であろうと、土いじりは昔も今も、また場所を問わず親しまれている遊びです。
土も呼吸をして生きていて、その上に私たちが暮らしています。
土の持つエネルギーを感じる機会って必要だと思います。

家庭菜園は土のエネルギーを簡単に感じることができます。
また作物の成長を日々見続けることで心の豊かさを得ることができるのです。
特に田舎での家庭菜園は気候や動物など。
外的要因と共存が必要です、成長と共に色々なことを感じることができます。

きのこ狩り

田舎の娯楽

田舎に移住したものの、川や海があるわけでもなく、周りは森林ばかり、そんな場所はキノコ狩りがおすすめです。
松茸は国産物だととっても高価ですし、キノコは栄養バランスも高く料理にはもってこいの素材です。
都会でキノコ料理を味わうと意外といい値がするでしょ?それが、あなたには日常食になるなんて、なんて贅沢なのでしょう。

キノコ狩り

キノコ狩りには魚釣りやスキーのように道具はいらず、手でもぎっていきます。
しいて言うなら、持って帰るための袋や籠があれば十分です。
初心者の方用にあえて備えるとしたら、軍手やナイフです。
とげのある木や茎があるので手を守るためには準備を。

キノコ狩りで気になるのが毒キノコの心配では?毒キノコは採る分には何の問題もありません、食べる時に注意が必要なだけですので、あまり過敏にならずにキノコ狩りを楽しみましょう。
調理する時に、事典や近隣の人に尋ねて毒キノコかどうかを知ればいいのです。

キノコ狩り出発

都会の人に比べると、出発というほど大袈裟なものでもありませんね。
散策途中にキノコを見つけたなんてことも日常茶飯事になってきます。
キノコは、森林や林道の湿ったところを好みます。

森林の奥までいかなくても、あなたの住むそばにだってキノコが生えているかもしれません。
キノコが好きな木があります。
カラマツやトドマツにドングリの木を相性がよく、それらの気に多く生えていることがあるので、その森に詳しくなったら木を狙ってみるものありですよ。
最近はカラーの分かり易いキノコ図鑑もありますので、照らし合わせて探すのも宝探し感覚で楽しいです。

キノコ採り

キノコ発見を発見したら思わず喜びの声がでてしまうかもしれません。
早速収穫をしましょう。
キノコの根を両手で持って優しく採ります。
次に生えてくるキノコのことを考えて根っこを残すようにして採るとベストです。

キノコはその食感からも想像できるように柔らかいので、そこまで力いっぱい入れなくても採れるます。
優しく、上下左右に揺らすようにして採りましょう。
採ったら袋や籠に入れる前に落ち葉や土などの汚れを落として置きましょう。
曲線やヒダの多いキノコは隙間に小石などの汚れが挟まる取りにくく調理しにくくなってしまいますので。

調理か否か

たくさん収穫したキノコをすぐにでも調理したいのはやまやまですが、調理できるかどうかをチェック。
図鑑を片手に、実物と見比べましょう。
この時に、汚れているからといって水洗いでゴシゴシ洗ってはいけません。

染みや斑点などこ特徴的なものがあるので、先に図鑑と見比べてからです。
生えていた場所の特徴やカサの大きさや色など。ポイントが幾つかあります。

田舎でのキノコ狩り

キノコと向き合うと楽しさ倍増。都会ではこのキノコが貴重で高値だったりすることに驚きですが。そんなキノコを旬な状態で味わえるのも田舎暮らしの魅力です。キノコ色々

魚釣り

娯楽とは

東京暮らしの娯楽は、ゲームやテレビやボーリング、映画やショッピングなど多様にあります。
どれもお金を使ってエンターテイメント楽しむといったのが主流。
しかし、田舎にはそんなものはありません。
例えお金があったとしても、遊ぶところがないのです。

そして、街灯がネオン街のない田舎は夜が早く、居酒屋やキャバクラなど夜の遊びも皆無です。
田舎で暮らし始めるとまず暇になります。娯楽とは一体なんでしょうか?

生活リズム

夜が早くなると、必然と日の入りと共に自然と目が覚めるようになる。
そうすると1日がとても長いことに気が付くのです。
都会の24時間と時間の長さは同じなのに、なぜか日中の時間が不思議と長く感じるのです。
意外時間ってたくさんあって、意外と人が生活するために必要なことって多くないことの気が付くでしょう。

自然の遊びに目覚める

魚釣りというものは都会であれ田舎であれ楽しむ人が多いのです。
先祖から受け継がれたDNAに魚釣りがあるのでしょうね。
都会の場合には、いけすや人工的に作られた養殖場などで釣りを楽しんだり、東京湾の帆畔など開拓された、ある程度設備の整ったところでの魚釣りが好まれます。

上級者になると、船を出して沖まで出かける漁師さながらの本格的な釣りを趣味としている人もいます。
あなたの移住した田舎のそばに、河や海、湖はありますか?

魚釣りのロマン

魚釣りを趣味にしている人の多くが男性でそこにロマンを感じる人は少なくないのです。
実際にエサに食いついて引きあげるのは数分。
そのための待ち時間が長いのですが、その時間がいいのです。

一見するとただの暇つぶしのにも見える魚釣りなのですが、プロ級になると頭脳戦にもなるスリルのある大人の遊びなのです。
現に昔の人はそれで生活をしていたのですから、魚が釣れるか釣れないかは運ではなくテクニックということです。

テクニック

あなたの近くの川や海の畔では何の魚が生息しているのですか?その水の性質によって向き不向きの魚がいるのです。
浜辺で鯛やブラックバスが釣れないように、生息しやすい環境があるのです。
そこの水質や生息している微生物や小魚の特徴を知りましょう。
次に魚の生活リズムを知ること。魚釣りのイメージって夜明け前ではありませんか?早朝や夕方に魚が釣れます。

それにはきちんとした意味があり、この時間帯は植物性プランクトンや動物性プランクトンがが反応し、これを狙って魚が動きだすのです。
魚もバカではありません、生活するためには知恵があるのです。
ただの暇つぶしで魚釣りをすると、本当につまらない遊びになります。

だって、一番楽しい引き上げる時間はほんの一瞬だからです。
しかし、その前後で魚の生態を知ったり、知恵を使うとたちまち頭脳戦へ。
自然と暮らす楽しみがまた1つ増えます。