生命の力を感じる

都会にはない自然の豊かさ

田舎で暮らすメリットの中でもとくに大きいものは、
自然がすぐ近くにあるというところではないでしょうか?

自然が近くにある環境というのは、毎日の生活の中で植物の成長や
風のにおいの変化、あるいは山の見え方や畑や田んぼの移ろい、
カエルや虫の鳴き声など、あらゆる生き物の動きから季節を感じることができます。

都会での生活は自然から隔離された世界となっていますから、
このような季節の変化を感じることなく人工的に作られたビルの中で
冷暖房に管理された部屋で過ごし、アスファルトで固められた地面を歩いて
家に帰るという生活を送ることになります。

もちろん都会にも川はありますが、その多くが川底までしっかりと
コンクリートで固められた人工的な用水路のような状態になっており、
水もほとんどないといった状態になっています。

そのような場所で長い間生活していると、自分が動物や植物と
同じ生命であるという感覚や、地球というひとつの大きな星の中で
生活しているのだという感覚は薄れてきてしまいます。

人工的な環境のなかでただ目の前の仕事に追われる生活というのは、
じつはとても不健康なことなのかもしれません。

生命の力

その一方で、身近に多くの自然がある田舎で生活していると
そのような生物たちの営みは自然と目に入るものです。

わざわざ自然の多いところに出かけていくまでもなく、
日常生活のなかでごく自然に季節の移ろいや自然界の生き物たちの動き、
植物などの様子が目に入る生活は、自分自身もそのような生物のひとつであり、
自然と調和して生きることが大切なのだということを感じさせてくれます。

これは当たり前のようなことに思うかもしれませんが、
都会の人工的な環境で過ごしているとどうしても見失ってしまいがちなものなのです。

人間がすべてを支配し、自然や他の生物たちを支配したような錯覚に陥ることは、
じつは危険なこと。

そのような人間のおごった気持ちは無神経な環境破壊をまねき、
それは自然災害にたいする認識の甘さなどにもつながってしまう可能性があります。

そのような暮らしを続けてきたつけというのは、すでにもう
影響が出始めている気さえしますよね。

田舎で生活することはそのような生命の力を無理することなく
感じることのできる生活だということ。

それは、自然を大切にするということにつながり、
毎日をゆったりとした気持ちで過ごすための原動力となるはずです。

夏休みも充実

夏休みと自然

田舎暮らしのメリットのひとつと言えるのが、自然がまわりにたくさんあるという点です。
そして、自然が豊富な環境で暮らすことができるということは、それだけ自然の中で遊ぶことのできる機会も多くなると言うこと。
これは、子どもの成長過程において、とても重要なことなんですよ。

たとえば、夏休みの生活を例に考えてみましょう。
都会で暮らす子どもにとって、夏休みに過ごす場所といえばおもに家の中になってしまします。
もちろん、都会にも公園など屋外で遊ぶことのできる空間はありますが、やはり、アスファルトで固められた空間は夏にはとても厳しいもの。
最近はお子さんであっても、日焼けをできるだけ防いで夏を過ごすというのが常識になっていますから、夏にのびのびと外で遊ぶという古き良き時代の光景は消えつつあるのが現実なのです。

一方、田舎であれば、暑いとはいえまだまだ自然の残された環境です。
夏になれば田んぼに水が張られ、そこにはたくさんの生き物がやってきます。
カエルやトンボ、そして鳥類などのやや大きな生き物、そして水の中に生息するアメンボなどの小さな虫・・・
いずれも子どもにとっては最高の遊び道具ではないでしょうか?

子どもだからこそ、時には残酷なこともするかもしれません。
しかしそういったことを通して命の大切さを肌身で感じ、そして学んで行くことができるのですから、これはとても大切な学びの機会といえるでしょう。

自然とじかに触れ合う

さらに、田舎であればちょっとした森林も身近に残っていることが多く、そういった場所では植物もたくさんのものを見ることができます。
夏と冬の木のにおいの違いや、木の幹の感触、あるいは木登りをする経験など、自然とじかにふれあうことでさまざまな面での感受性、自然の法則といったことをごく自然に学びとることができるのです。
さらに山にはカブトムシやクワガタムシなど、子どもたち、とくに男の子なら誰もが大好きな昆虫たちもたくさんやってきます。

最近の都会の子どもは、「カブトムシはデパートにいるもの」と思い込んでいるという話も聞いたことがありますが、やはり、自然なままの姿の昆虫の姿を見た上で飼育するほうが、適切な飼い方ができることもあり、理想なのです。
それらの面から考えて、田舎で生活をしていると、夏休みの生活が自然と共に送ることができ、とても充実したものになることが分かります。
これも、田舎のメリットのひとつなのです。

便利でのどか

田舎暮らしのイメージ

田舎暮らしというと、多くの人は東京から遠く離れた場所での農村暮らしをイメージするのではないでしょうか。
それまでの都会での暮らしをすべて捨て、もう都会には戻らないという大きな覚悟でもって移住をし、住む場所のみならず、仕事の内容や生活パターンなど、すべてをチェンジしてしまう・・・今の日本における「田舎暮らし」「田舎へ移住」という言葉には、このようなイメージがつきまとっているように思われます。
たとえば、東京でサラリーマンとして生活していた人が、北海道や九州、あるいは伊豆諸島の離島など、買い物をする店も十分にないような地域に移住をして、古い一軒家を借りて住み、自分の食べるぶんの食料は農業や釣りをみずからおこなうことで確保して現金収入が少なくても暮らしていけるようにする・・・
このような「人生を一変させちゃいました」というタイプの家族が雑誌などでよく紹介されていますよね。

しかし、現実には、このような大胆な移住をともなう田舎暮らしのできる人がどのくらいいるでしょうか。
遠くに引っ越したいと思っても、親の介護があるかもしれません。
今の会社を辞めてしまっても、ほかにお金を稼ぐためのスキルや手段を何も持ていないかもしれません。
また、子どもがまだ小さく、将来の受験や進学などを考えると、東京でのくらしをすてるのが難しいかもしれません。
つまり、東京から遠く離れた場所に移住できるような人は、ほんの一握りのレアケースなのです。
(だからこそ、テレビや雑誌で取り上げられるのかもしれませんが)

東京の田舎暮らしのメリット

東京の田舎に暮らすことの最大のメリットは、これらの問題と折り合いをつけながら田舎暮らしを堪能できるという点にあります。
都心まで通勤するとしても、片道1時間以内で移動でき、今の仕事を継続することも、(すこし大変ですが)子どもを都心の私立学校へ通わせることも可能です。
そして、ベッドタウンとして有名なちいきでもあるので、毎日の暮らしに欠かせないスーパーマーケットや食料品、日用品をあつかう量販店などはたくさんあり、生活する上でも大変便利と言えるのです。
また、買い物が必要ならいつでも新宿でも渋谷でも行くことができ、そのような生活を維持しながらも、のどかで自然の多い、静かな環境で暮らすことができるのです。
つまり、本当は田舎暮らしを本格的にしてみたいけれど、さまざまな条件でそれはできない、という人にとっての折衷案として、大変有効なのですよ。

野菜が安い

東京郊外では野菜が安い

田舎での生活で大きなメリットとなることのひとつに、「野菜などの農産物を安く手に入れることができる」という点があります。
日本は農業の国。たとえ東京都内であっても、郊外へ行けば畑があり、野菜が栽培されています。
そのような地域で栽培された野菜は市場に出すことのできない「規格外」のものが安く販売されたりしているものです。
このような規格外の野菜は、畑のすみに野菜を並べてその横に料金箱が置かれ、セルフ形式で販売していることもあれば、地元の農協などが運営する農産物直売所で販売されていることもあります。
このようなものを活用していると、田舎での生活において野菜は、とても安い食材となるのです。

安くで野菜を買って、健康的な生活をする

少し前のニュースで、「低所得者層に肥満が多いのは、野菜が高くて買えないからだ」というものがありました。
確かに、少ないお金でとりあえず満腹感を得ようとすれば、炭水化物と油をメインとしたものを食べることになります。
現に外食で価格の安いものといえばハンバーガーに牛丼など、この条件に当てはまるものばかり。
そして、都心で販売されている野菜の値段が、田舎では考えられないくらい高値であることも事実です。
もっとも、このニュースには自炊をしない低所得者層のいいわけじみた部分も含まれているのではないかという感じはしますが。
ちょっと自分で手を加える気があれば、安い材料費で栄養価の高い食事を作る工夫はいくらでもできます。
たとえば、スーパーで1袋100円程度で売られているカット野菜を活用することや、乾物のわかめなどを食べることで安い値段で栄養のバランスを取ることは可能なはずです。
野菜が高くて買えないからマクドナルドに行くのではなく、限られたお金のなかで少しでも栄養価を高めようという意欲があれば、肥満は防げるはずです。
まあ、そのような少しでも向上しよう、という意欲を奪われてしまったのが低所得者層であり、それが今の日本の大きな問題なのかもしれませんがね。
低所得者層へは、そのような生活の基本についての教育というかたちでの支援も必要なのではないでしょうか。

閑話休題。ともかく、なにかと厳しい経済状況のなかで、毎日食べる食材である野菜が安く手に入るというのはとても大きいこと。
そのうえ、地元でとれた野菜なので新鮮です。
また、市民農園なども多いので、その気になれば自分で野菜を栽培することも可能です。
それだけでも、田舎に住む価値はあるのではないかな・・・と思います。

田舎のコミュニケーション

都会ではコミュニケーションが少ない

田舎で暮らすことのメリットは、治安の良さや家賃や土地代の低さ、物価の安さといった物理的なことだけではありません。
都心に比べて「もの」「ひと」「情報」が圧倒的に少ない田舎での生活は、人が人として生きていく上で何が本当に大切なのかに気づかせてくれる大切なヒントが隠されているのですl
都会の暮らしでは、一歩外に出ればたくさんの人が街を歩き、肩がぶつかっても頭を下げることすらしません。
また、隣近所で生活していたり、同じマンションに住んでいたとしても、お互いの顔どころか名前すら知らないということも少なくないのです。
もし、街中で知らない人に話し掛けようものなら、即座に不審者を見るような目で見られるのが都会というもの。
それもそのはずです。都会で知らない人に声をかけるのは、強引な方法で高い商品を売りつけようとするキャッチセールスや、同じく法外な料金で飲食をさせるバーやキャバレーなどの店、そして宗教などの勧誘と相場が決まっているからです。
それ以外で、都会の街のなかで知らない人が声をかけあうということは滅多にありません。
よく田舎の人が都会に出て驚く光景は、目の前に倒れている人がいるのに、誰一人として声をかけずに通り過ぎること。
まるで、その人なんて存在しないかのように皆が振る舞うのです。
これにも都会人なりの理由があり、相手が酔っ払っているかもしれない、精神的におかしな状態になっている人かもしれない、そのような時に声をかけてからまれてしまうリスクを避けたいという心理が働いているのだと思われますが、その光景を見る限りはとても冷たいものに見えますよね。

親密なコミュニケーション

田舎で生活をすると、隣近所はすぐに顔見知りになります。
それがわずらわしいと感じる人もいるようですが、災害や急病など、いざという時に近くに自分を知っている人がいるということはとてもこころ強いこと。
田舎の近所づきあいは、そのようなリスクマネジメントの意味もあるのです。
また、田舎では、信号待ちをしていると横に立っている人に話し掛けられたり、散歩の途中で畑仕事をしている人に野菜をもらったりということもよくあるのです。
近くに人がいれば、特別なことがなくてもちょっと声をかけてみる。
「今日は暑いね」「涼しくなったね」そんなことでいいのです。
このようなちょっとしたコミュニケーションが日常的に行われているのが、田舎のよいところのひとつでしょう。

自然の中で育つ喜び

自然の美しさ

田舎で育つ大きなメリットのひとつに、やはり「自然の息吹を身近で感じることができる」というものがあります。
自然の美しさというのは、何にも変えがたいもの。
人工的な美しさというのは、あくまで人の手で作られたものですので、どう変化していくかというのもある程度人の手で予想をすることが可能でしょう。
しかし、自然の美しさというのはそうではありません。
自然の美しさは、あくまで自然から生まれたものですので、人間がどうなるかを予想することは難しいものです。
例えば、紅葉ひとつにしても、美しく色づくかどうかは自然次第です。
もし、寒暖の差にあまり変化がなく、美しい紅葉を期待することができない場合でも、人の手でそれをどうにかすることは難しいでしょう。
なぜなら、紅葉というのはあくまで自然のものであり、人間がどんなに力を入れて努力したとしても、その自然を変えることは難しいからです。
そんな自然と一緒に生きるということは、自然がもつ力を感受して生きるということです。
最近は感覚が薄れつつありますが、かつて人間は自然の一部であり、自然と一緒に成長をしてきた歴史があります。
そういったことを学びながら、生活をすることができるということ。
それは、田舎で生活することの大きなメリットなのではないでしょうか。

山や川に感謝をするということ

私たち人間は、自然の恩恵を一心に受けながら生活をしています。
例えば、川は私たちの飲料水となり、畑や田を潤す存在であるということ。
そして、山には私たちを育む味覚がたくさんあること、そして木々のおかげで私たちは呼吸することが出来ているということなどを、しっかりと学ぶことができるでしょう。
そのような環境の中で育つと、自然と「自然に感謝しながら生きる」ということが身につき、お金では買うことができない豊かさを得ることができる様になります。
自然の中に生きるということは、人の心をこれ以上なく豊かにするもの。
そして、自然の中で生きる人間の姿を、リアルに感じることができることです。
このことは、自然の中で生きるとても大きなメリットになると考えて良いのではないでしょうか。
恐らく、この点に関して「自然の中でいきるメリット」を見出している人は、本当にたくさんいると思います。

自然の中で生きることができる、これは、田舎で生活する大きなメリットです。
都会には都会のよさがありますが、田舎には田舎のよさがある。
そして、その田舎のよさを実感することができる場所というのは、年々減少しているといって良いかもしれません。
このことを考えますと、やはり田舎の存在は貴重なものであり、人間にとって必要不可欠なものであると言えるのではないでしょうか。
この様な田舎で生活するということは、実はとても贅沢なことなのかもしれませんね。

風情を感じる田舎暮らし

都会では忘れられた風情

田舎暮らしのメリットとして挙げられる理由の中に、風情があるという回答が見られました。これはまさにその通りだなと感じることが田舎だと多々あります。
東京などの都会では忘れられた風情がまだ田舎には残っているのです。田舎といっても、いろいろな田舎があります。自然の多く残っているところでも、山があったり、湖に近かったり、海に面した田舎というのもあるでしょう。いずれの場合にしても、それぞれに趣のあるところばかりです。
そういった自然の豊かなところだけではなく、田舎そのものが持っている風情を味わうことができるのも田舎のメリットということができるでしょう。

日本的情緒

風情というのは、日本的情緒ということでもあります。
さすがに現代社会においてかやぶき屋根の旧家のようなところに住むのは少し大変かもしれませんが、しかし、そういった家に住んでいる人たちもいます。そういうところで浮世離れした生活を楽しんでいるような人たちも中にはいるでしょう。
囲炉裏をつかっていたり、薪で風呂を沸かしたりしている人もいるようです。
もちろん、そういう昔の生活を楽しんでいる人は少数かもしれませんが、それもまた田舎ならではの風情を楽しんでいると言えます。こういう楽しみ方はもう今では都会ではできません。
すべてが電動になってしまって、スイッチをひねればすぐに電気がついたり、お風呂を沸かすことができたりするような生活に慣れてしまうと、そのような生活に戻ることも難しくなるでしょう。
さすがにそこまでいかなくても、田舎には風情が残っているところがまだたくさんあります。田んぼや畑が広がっていたり、家々がそういう中に点在していたりするのです。そういうところにいると、時間がゆったりと流れているように感じます。

静かな風情

メリットの中で「静か」というのを挙げている人もいます。これもまた田舎ならではの特徴で、それが風情を生み出していると言えます。
都会では、どんなに静かだと言われているようなところでも、車の音や電車の音がうるさかったり、人が騒ぐ音がしてわさわさした雰囲気になっているようなところもあります。そういう都会では、田舎での本当の意味での静寂というのを味わうのはとても難しいでしょう。そういう静かな風情を味わうことができるから田舎暮らしに憧れるという人もいるのです。
静かなところで絵を描いたり、音楽を作ったり、あるいは文章を書いたりしたいから、田舎に移住するというアーチストも今ではとても増えてきています。そういう人たちはそんな都会では味わうことができなくなった、静かな風情を田舎に求めているのです。

土地や物価が安い

 

家賃が安い

都会から田舎に来た人が驚くこと、それは家賃や物価が安いことです。

東京をはじめとする都市部は、家賃が高くて当たり前。

日本で一番地価が高いのは東京が頂点ですが、京都や大阪といった都市も軒並み賃貸料は高く、物価も高くなっています。

それに比べれば、田舎はとても賃料が安い。

例えば高知県なら、家賃10万円を払えば駅前の豪邸の様なマンションに住むことができます。

まあ、それだけ賃金もやすいという事実もありますが、生活の中で家賃を節約することができれば、それだけ生活費も節約することができる様になります。

家計のどこを引き締めるかって、何よりも家賃が重要になりますよね。

そのことを考えれば、田舎に住むというのは非常にお財布に優しい土地です。

 

食費を安くできる

また、田舎は食費を安くすることができる可能性も。

田舎では、近所の農家が無人販売所で野菜を販売していることがあり、このお値段はスーパーで購入するよりもずっとお得。

ダンボール入りのみかんが、500円で購入できてしまう様な道の駅もあります。

この様な駅を上手に利用すれば、食費をぐんと安くして生活をすることができますので、本当にお勧めなのです。

こういうところで食費を浮かすことができれば、安く生活をすることができますよね。

中には、つりをしてそれを食卓に乗せるという人もいますので、侮れません。

こういう節約生活が成り立つことも、田舎の大きな魅力なのです。

 

物が安いと、心に余裕ができる

何より、家賃や土地が安いというのは、生活に対するプレッシャーがないと言う意味でいいことではないでしょうか。

家賃が高いと、まずはその家賃を支払う為に、必死に仕事をしなければならないということがあるでしょう。

でも、家賃が安ければ、それだけプレッシャーもなくなります。

一戸建てや分譲マンションを購入する場合、これらのデメリットはより鮮明になりますよね。

都会で高いマンションや一戸建てを購入すると、頭金を入れても高いローンを支払わなければならない可能性が出てきます。

けれど、田舎の家ならそれだけ価格が安くなる可能性がありますので、毎月のローンも楽になるかもしれません。

ローンに関しては、かなり楽になるかもしれませんね。

 

田舎では、とにかく時間がのんびり過ぎていきます。

あれをしなければならない、これをしなければならないということがないので、この点は楽かもしれませんね。

都会の家よりも田舎の家の方が、同じ金額でも立派な家を建てることができ、その点もいいかもしれません。

のんびりした子育てができる

のんびり子育て

田舎のメリットとして、この「子育て」に関することを挙げる人は少なくありません。

とにかく、都会は人が多い。

だから、このことをデメリットに感じて、田舎での子育てを求める人も多いのです。

 

エレベーターでの移動がしやすい

例えば、デパートのエレベーター。

ベビーカーを使うときは、できればエレベーターを利用したいものですが、都会のデパートはどこも人がぎっしりで、なかなか乗ることができないということが多々あります。

とある話で、京都のとあるデパートに並んでいたら、ベビーカー用に用意されているエレベーターがまったく来ない為、仕方なくエスカレーターで移動したというのも見ました。

エレベーターで上で上にいくことすら、これだけの苦労をするのが都会。

都会の子育ては、何かと大変なようです。

 

子供向けイベントでの混雑が少ない

都会では、子供向けのイベントも多く開催されていますよね。

この事実だけ見ると、「都会の方が子供が楽しめるイベントが多い」と思いますが、子供向けのイベントといってもものすごい行列で、どこに行っても並ばなければならないということがあるそう。

子供向けのイベントというと、「トミカ博」「プラレール博」が有名ですが、これらのイベントは非常に混みあっていて、何をするにも行列に並ばなくてはなりません。

この為、子供の年齢が小さいと、並ぶのが大変だという愚痴は良く見ます。

結局、「混んでいるからいかない」と言う人もいますし、行ったとしても、時間がかかりすぎてどうしようもなく、ろくに会場の様子を堪能することもできずに、帰ってきてしまう人も。

イベントに参加するのも大変です。

 

田舎では、こういうことがありません。

田舎でも子供向けのイベントはたくさん開催されていますが、人口そのものが少ないので、「のんびりとした子育てを楽しみたい」と言う人にはぴったり。

それも、自然を楽しむことができるイベントが多いです。

例えば、県の特産物を堪能することができるイベントなどは、県をあげてたくさん開催されていますよね。

川に入って魚とりをしたり、山で虫取りをしたり、自然を活かしたイベントも盛ん。

何より、綺麗な山や海が近くにあるという環境は、子供たちにとても良い影響を与えるはず。

渋滞もありませんし、時間にあまり縛られない、ゆったりとした生活をすることができますよ。

畑があったり、田んぼがあったり、これは私たちが普段お世話になっている食べ物と一緒に生活する環境と暮らすことになります。

自然と共存している人間の姿を、しっかりと感じながら成長すること。

これは、子育てにとても大切なことではないでしょうか。

考えよう田舎暮しのメリット

自然が多い

都会と田舎、何かと比較されがちな両者。

都会には都会の、田舎には田舎の良さがあるのですが、その良さについてじっくりと考える機会は少ないもの。

ここで、そんな「田舎暮しのメリット」について挙げてみましょう。

>>>田舎暮しのメリットデメリット

 

ここで、第一位に輝いているのが「自然が多い」ということ。

そう、田舎の一番のメリットは、豊かな自然を堪能しながら生活することができることです。

美しい緑、白い雲、川で泳ぐ魚など、都会ではめったに見ることができない光景が、田舎では普通に広がってきます。

自然の中になっているびわやイチジクなどを食べたり、川の中に足を入れると魚がよってきたり、そういう楽しみは田舎だからこそ。

緑がある風景と言うのは、それだけで人をリラックスさせてくれます。

「人間は、自然の中で生かされている存在なのだ」と言うことを、実感したいなら田舎暮しはお勧めです。

 

星空が綺麗

第三位にある「星が綺麗」も、意外に大きなメリットですよね。

 

都会では、排気ガスや街の光で美しい星空を見ることはできません。

宮城県の蔵王で撮影された星空などは、とてもキレイです。

 

 

蔵王もなかなかの田舎ですが、こんな星空が堪能できるのは田舎ならでは。

もちろん、ここまで綺麗に撮影するには特殊なカメラが必要ですが、肉眼でも満天の星空を眺めることが可能です。

この動画を見るだけで、「星空って本当はこういう感じなのだ」と言うことを実感することができるでしょう。

この星空を見る為に、都会から田舎へ移り住む人も少なくないのだとか。

 

子供の成長過程に、田舎暮らしはおすすめ

田舎の自然や夜空。

こういう環境の中で育った子供は、大人になってから物の感じ方が違います。

子供の情操教育のために、わざと田舎での生活を選ぶ人もいるのだとか。

豊かな自然は、本来あった自然の息吹を感じさせてくれます。

これが地球本来の姿なのだと感じながら生活することは、子供にとってとても大切なことなのかもしれませんよね。

田舎には、都会では見ることができない地球の姿があります。

 

例えば、東京などの大都市で生活するにしても、日野や多摩などの田舎を選ぶ人は少なくないのです。

日野は、東京でありながら本当に緑豊かな土地。

予断ですが、新撰組副長土方歳三の故郷としても有名ですよね(多摩は近藤勇の故郷です)。

 

 

東京とは思えない、豊かな自然ですよね。

 

葛飾なども、意外に過ごしやすいかもしれません。

東京都内であれば、どこでも一応は交通の便は整っていますので、生活するには困りません。

環境を田舎にすることで、都会にいながら豊かな生活をすることができるのです。

 

都会に住む場合、仕事先は都内の「とても人が多いところ」である場合も多いですよね。

そんな環境でずっと働くのは疲れるので、こういう