田舎で七輪を使いこなす

田舎暮らしと七輪

田舎暮らしというと軽トラや工具、草刈機といったものが必要な道具として思い浮かびます。
他にもあると重宝するものとして七輪があります。

七輪というのは調理器にもなりますし暖房器具にもなるものなのです。
そして環境にも優しいということで田舎暮らしにはとても便利なアイテムなのです。

七輪とは

七輪とは、魚を焼いたり温めものをする際に用いる道具です。
木炭や豆炭を用いて調理をするものであり、昔は自宅の軒先で料理している様子を見かけることができました。
最近でも、秋刀魚の季節などはm七輪で焼いたものが美味しいというこだわりを持った人が焼いているのを見かけることもありますが、格段におその数は減っています。

利用する人が減った理由としていあるのが、臭いと煙です。
魚を焼けばその匂いが充満していきます。
また、煙が出れば周囲の人の家まで流れていき洗濯物に臭いをつけてしまったり、煙で煙い、臭い、といったクレームを受けてしまうことがあります。

このような理由から最近では利用している人を見かけなくなりました。
田舎であれば一つひとつの家が離れているのでそのような心配はないため、今でも使用している人がたくさんいます。

七輪の良いところ

七輪というのはその役割は食べ物を焼いたり温めたりするだけではありません。
寒い時、ストーブの代わりにもなりますし、焚き火がわりに暖をとることができるのです。

最近は地震といった天災時の防災グッズとしても見直されています。
カセットボンベの登場により、七輪の使用は減っていきカセットコンロとガスボンベを常備する人が増えていきました。
しかし、カセットボンベの燃料が切れたらカセットコンロは使用できません。

それに対して七輪は石炭があれば燃やすことができるのはもちろん、万が一石炭が切れてしまっても木片など燃やせるものがあれば燃やし続けることができます。
そのため、最近では七輪の良さが見直され、防災用品として常備している地域もあります。

また、環境の面でも良いということが考えられています。
燃やすものも木炭ですし、万が一木炭がなくても紙くずや木くずです。
燃やしても有害物質を発生させるわけではありません。

また、木炭を使用すれば燃料効率はとてもよく、木炭がなくても使用するのは木片など落ちているものですからエコなものであると言えます。
木炭についても燃料効率が高いので少ないもので長時間もやすことができます。
近年では、発展途上国の中で森林の伐採を防ぐために木炭の使用を推奨するという例もあります。

焼いたり煮たりするための調理器としても活用でき、暖房器具としても活用でき、非常時には防災グッズとしても利用できる七輪は万能選手であると言えます。
地球環境にも優しいですから、田舎での生活では特に一家に一台は用意しておきたいアイテムです。

田舎暮らしの金銭事情

田舎暮らしはリーズナブル?

都会での生活というのは何かと疲れるものです。
物が溢れており、遊ぶところもたくさんあるために、都会での生活は楽しものです。
しかし、逆にこの飽和した暮らしというのは情報過多となり疲れてしまうことも多くあるのです。

疲れてくると人というのは自然との触れ合いを求めるものです。
休日に自然のある地域に足を運びただのんびり過ごしたり、散策やサイクリング、といったことをして体を動かして楽しんだりと人によって様々な楽しみ方をします。
このようなリフレッシュをする中で、都会の便利さを捨てて田舎でひっそりと生活をしたいということを考える人もいるのです。

最近ではリーズナブルに借りられる借家を借りて週末の田舎暮らしをする人や、定年後に田舎での生活を希望して移住をしたりする人も増えています。
移住をすることで田舎で生活をするので、のんびりと過ごせたりお金をかけずに静かに暮らせるというイメージがもたれています。

田舎暮らしと金銭事情

田舎暮らしというのはお金がかからないイメージが強いです。
物価が安いために日々の買い物にはお金がかからないというふうに思われがちです。
また、地代家賃も安いところが多いために、月々の生活費は少なくていいと思う人が多いものです。

しかし、田舎でも必要なものはたくさんありますし、お金を必要とする場面もたくさんあります。
例えば、田舎では車での移動が必須であるためにガソリン代はかかるものです。
地域によって差がありますが、山間部というのはガソリンの輸送費用もかかるためにガソリンが割高であることもあります。

また、田舎に行くほど学校やスーパーまでの移動距離が長くなるので月に必要なガソリンの量も増えます。
そのために、車の維持費やガソリン代というのは都会での生活よりもかかることが多いです。

また、道路状況が悪いところも多いですし、冬には雪が降ることもあります。
そのために、特に大きな荷物を運ぶことがなかったとしてもバンヤ軽トラを運転する人が多いのも田舎暮らしの特徴です。

光熱費についても案外とかかることがあります。
山間部などは寒い地域も多いので、冬場は暖房が必須であり終日利用することも多いです。
秋には暖房をつけ始めるので自ずとその使用量が増えるのです。

また、田舎暮らしというのは都会では必要ない物品の購入が必要です。
本格的に行わなくても最低限の農具は必要ですし、草刈機や日曜大工の道具も必要です。
これらのものを取り揃える費用、管理をするための費用というのも必要ですし、場合によっては保管スペースを借りる必要がえてくることもあります。
田舎にもメリットは沢山ありますが、都会で当たり前のことができないこともありますので、しっかりと把握して楽しい田舎生活が送れるようにしましょう。

田舎暮らしを始める準備・手続きについて

田舎暮らしへの憧れ

都会の生活に疲れたという思いをすることはたくさんあります。
仕事がハードになると自然に囲まれた生活をしたいと思ったり、何もかも手に入る生活からあえて離れたいと思ったりするものです。
しかし、なんでも手に入る便利な生活を手放すということにも勇気が必要です。

田舎での生活というのも楽しいことばかりではありません。
そこで、移住をするにあたってはたくさんの計画準備をする必要があります。
そして良いところも悪いところも理解した上で行うことが重要です。

田舎暮らしを決断するまで

定年退職後の生活として田舎暮らしを決断する人もいます。
退職金での生活をしながら、自給自足で必要な野菜を生産するような生活というのは興味を持たれることも多いです。
しかし、移住するにはたくさんの準備が必要ですし、移住したからといって思い描いているような生活を実現できるとは限りません。

農業をすることはとても大変なことですし根気が必要です。
そして努力が必ず身を結ぶわけではなく思うように収穫ができなかったり、収穫をしても味がイマイチだったりすることもあります。
地元の人に馴染めないこともあり、せっかくの機体に満ち溢れた田舎暮らしが思うようにいいかないケースのあるのです。

また、移住にあたっては引越しの準備も大変なのです。
水道光熱といったライフラインの変更届や転出転入届けの提出、引越し先の物件探しなどやるべきことはたくさんあります。
これだけのことをして引越しをするので、失敗をしないように事前にしっかりと地域のリサーチをして生活できる場所であるか、自分も馴染んで暮らせるかといったことを確認しておくことが重要です。
パスポートの書き換えや自動車の登録変更、車庫証明の取得など行うべき手続きが多いので、リスト化して一つずつこなすことが重要です。

田舎暮らしは生活のスケールが違う

田舎暮らしをするには車が必須です。
都心のように常に電車やバスが走っているわけでなないので移動については自分で車でする必要があるのです。
また、生活する場所やその内容によっては普通車では対応できないこともあります。
未舗装道路が多い地域や、自分での自給自足生活をする際には軽トラが必要な地域もあります。

軽トラもリーズナブルに購入できるものも多くありますし、維持費も意外とリーズナブルであったりします。
大きな荷物の積み込みや未舗装道路の走行にも強いので田舎暮らしの必需品でもあるのです。

また、他にも田舎暮らし独特の道具が必要です。
農業をするならば一通りの農具も必要ですし、農業をしなくても自宅周辺が自然豊かであるために草刈機やのこぎり等も準備をする必要があるのです。