調理アイテム

田舎暮らしを始める

定年後の目標として田舎暮らしを掲げる人も増えています。
田舎ののんびりした空気の中で過ごすことで、会社員時代にはできなかったゆとりのある生活をしたいと考えるのです。

もちろん、田舎に行ったからといってただただ毎日のんびりできるわけではありません。
日々の生活のために家事をする必要もありますし、自宅周辺の環境整備も必要です。

特に、田舎というのは自然が多く自宅周辺も自然が多く残っていることがあります。
そうすると趣味として家庭菜園を始めて自給自足をすることもありますし、そこまでのことをしなかったとしても庭の雑草を抜いて管理する必要があったりすることもあります。

そして、田舎暮らしというのは都会の生活とは異なることが沢山あるために、田舎暮らしだからこそ必要なものも沢山あります。
例えば、都会の生活の場合にはガーデニングをするのにも自分の手で十分に雑草管理をしたり土を起こしたりすることはできるものでした。
しかし田舎暮らしとなると耕す面積も雑草を抜く面積も大きくなるので耕運機や草刈機を用意する必要があることもあります。

他にも田舎だからこそ手元に用意しておくべきものは色々とあります。
そこで、移住の際には準備物をしっかり確認しておくことが重要です。

田舎暮らしの準備物

都会での一人暮らしや新婚生活というのは意外とものを揃えていない状態で始めても困らないことが多いです。
これは、食事の道具がなかったとしてもコンビニやスーパーのお弁当やお惣菜を24時間購入ができたり、手元になくて不自由なものがあればすぐに買いに行けたり買えなかったとしてもインターネット通販を利用すれば翌日には届くことも多かったためです。

しかし、田舎暮らしというのはこのようなわけに行きません。
欲しいものがあったとしても近所では手に入らないことも多いですし、遅い時間まで営業しているところも限りがあるためです。
そこで、必要なものは後から困って慌てて追加購入するにも時間がかかることが多いので、事前にチェックリストを作ってしっかりと管理しておくことが望ましいです。

調理アイテムについても基本的には田舎であったとしても利用するものは同じようなものです。
ただし、田舎になるとご近所づきあいで今までは使ったことのないような食材を分けてもらうことも多く、今まで使わなかったような調理器具が欲しいと思うようなこともあります。

また、田舎になると畑の手伝いをしてもらうこともあり、そのような時には皆で炊き出しをすることもあります。
そのために、大きな鍋やざるといったものも必要なことがあります。
このようなものは、地域によって付き合いも変わってきますし、あると便利なものも変わってくるので可能であれば事前に地元の人たちに相談しておく方が望ましいです。

また、田舎暮らしの際にはぜひ七輪と炭は用意しておきましょう。
都会では炭で焼いて食べるとなると近隣の家への迷惑が心配でなかなかできなかったものです。
田舎であれば、隣家とも間があるのであまり気にしなくても大丈夫です。

そして、災害時や寒い時に暖をとるのにも役立ちます。
ガスボンベのカセットコンロだけでなく、非常用として七輪まで揃えておくと万全であると言えます。

家庭菜園用「ミニ耕運機」

田舎でゆったり暮らしたい

都会の喧騒に疲れたら、田舎でゆっくり過ごしたいと考える人も多いものです。
便利な世の中になり、最近ではいつでもどこにいてもインターネットや電話で皆とつながることができます。
これは便利な反面、常に人との関わりに縛られることになり、人によっては休日までも仕事に追われてしまうことになります。

このような日々のしがらみから離れるために、最近では休日は電波のほとんどはいらないような地域にキャンプに出かけたり、週末だけ田舎での生活をしようという人も増えています。
同じように、定年退職をしたら、田舎での生活をするために地方への移住を検討するという人もいます。

田舎暮らしの大変さ

田舎暮らしも決して楽なものではありません。
まずは都会ではなんでも揃いすぐに思い立てば行動できたことが田舎ではできません。
欲しいものがあってもすぐに手に入らないことも沢山ありますし、購入するためには多くの手間をかけなければならないこともあります。

また、自然が多く残っていることはメリットでもありデメリットでもあります。
未舗装の道を運転するとなると一般的な乗用車ではタイヤを傷める原因となることもありますし、寒い季節には雪道を運転することもあり得ます。
このように田舎での生活というのは勝手が違うので、生活をするにあたって準備するべきものも異なってくるのです。

田舎での必需品のミニ耕運機

都会での家庭菜園というのはマンションのベランダでプランターを用いて行ったり、一戸建ての庭を用いて行ったりするものであり、作業はほとんどが自分の手で行えるものです。
しかし、田舎暮らしとなると、自宅周辺というのは自然が多いために庭の雑草を刈るのも、家庭菜園での農作業にも全て自分の手で行うのには限界があります。

そこで、草刈りをしたり畑を耕したりという作業には機械を用いることが多くあります。
しかし、本格的な業務用のものを使うとなると、女性には操作性の部分で不安があるものです。
また、業務用のものは決してリーズナブルではないために購入することも勇気が必要ですし、業務用が必要なほどではないことも多いです。

そこで、利用したいのが、家庭用のミニサイズのものです。
家庭用の耕運機についても販売がされており、農機具の扱いに不慣れな人でも操作しやすいコンパクトな作りが特徴です。
コンパクトサイズであるために、家庭内の庭先や自家栽培をしている畑でも操作をしやすいサイズとなっています。

また、小型化されることでその重量も女性が操作することができるくらいのものになっていますし、収納もしやすくなっています。
そして小さくなることで動かすために使う動力もガソリンではなく家庭用ボンベで十分に対応できる点も大きなメリットです。

ネットバンク

田舎では銀行が少ない

田舎暮らしをするにあたっては、理解しておくべきことがあります。
それは、都市部での生活を基準にして考えるべきではないということです。
考えもしなかったことが思わぬ形で問題となって現れるケースが多々あります。

特に盲点となりがちなのが、銀行の少なさです。
地域によっては銀行がひとつだけのところもあります。
しかも銀行の種類も限られており、地域ごとに差もありますが、なかには郵便局しかないところもあるほどです。
全国的に知名度の高い銀行でも、人口の少ない地域では支店が見つからないことがほとんどでしょう。

契約している銀行がその地域にない場合は、郵便局やコンビニなどのATMから振込、引き出しを行うしかありません。
しかし、田舎暮らしでは郵便局コンビニが自宅から遠い場所にしかないこともあります。
そのうえ、ATMだと手数料や利用時間などの問題点もあります。
そこで、必要となるのがネットバンクです。

ネットバンクを利用すれば、自宅にいながら振込ができます。
このことは、銀行やコンビニの少ない田舎においては極めて重要です。
しかも、時間による制限等もないので、自分の都合に合わせて振込ができます。
ATMでは振込ができない時間帯があるので、この点も重要といえるでしょう。

ただ、ネットバンクを利用したことのない方は開設方法がわからないという場合も多いと思います。
しかし一般的に、ネットバンクの開設にはそれほど面倒な手続きもなく、時間もあまりかかりません。
開設の申し込みはインターネットでできますし、その後も基本的には自宅での作業となります。
ただし、口座を新たに開設する場合、銀行によっては指定した支店まで出向く必要があります。

ネットバンクの選び方と知っておくべきこと

このように、田舎暮らしを始める際にはネットバンクを開設しておくことをおすすめします。
ただ、ネットバンクさえ開設できれば、どの銀行でも良いというわけではありません。
銀行によってサービスは異なりますから、自分にあった銀行を選ぶ必要があります。

注目すべきは、やはり振込やATMの利用にかかる手数料でしょう。
田舎暮らしではネットバンクを頻繁に使うことになりますから、少しでも手数料の安い銀行を選ぶべきだといえます。
もちろん、金利やその他のサービスについても各銀行によって差があります。
なかには、利用する分だけポイントが貯まるという銀行もあるので、頻繁に利用するという方はこうした点にも注目すると良いでしょう。

なお、ネットバンクでは多くのことができますが、デメリットもいくつかあります。
例えば、公共料金の支払はネットバンクではできないことも多いです。
可能な銀行も一部ありますが、多くの銀行はネットバンクでの公共料金の支払いに対応していません。
また、不正アクセスによる情報漏えいがたびたび起きるのも心配です。

そのため、これとは別に、地域にある銀行の口座を開設しておいた方がいいかもしれません。
これによって、リスクを分散させることが可能でしょう。

インターネット

田舎暮らしの意外な必需品とは

田舎での生活というと、時代とは逆行したような暮らしを想像する方が多いと思います。
実際、そういう生活に憧れて田舎暮らしを始める方は多いでしょう。
インターネットにより、利便性の高いサービスを受けることができるようになりましたが、その反面、SNSなどでは常に行動を見られているような感覚にもなるため、嫌気がさすこともあります。
ときにはSNS上で人間関係のトラブルに巻き込まれるケースもあり、こうしたストレスから解放されたいと感じる場合もあるでしょう。

実際、こうした理由から、田舎での生活に憧れを持ったという方は多いのではないでしょうか。
そうでない方でも、アナクロな生活に惹かれたからこそ、田舎暮らしに興味を持ったと思います。
そのため、当然インターネットやスマートフォンなどとは縁遠い生き方になると考えるはずです。
しかし意外にも、田舎では都会以上にインターネットを利用することになるかもしれません。

インターネットが必要な理由

都市部では、少し移動すれば日用品から娯楽、ビジネス関係のものまで、必要なもののほとんどが手に入ります。 
しかし、田舎ではそうはいきません。
食品などはある程度手に入ると思いますが、その他のものについては手に入れるのは難しいでしょう。
そのため、どうしても欲しければ都市部まで足を運ぶことになります。

その点、インターネットを使えば、家から出ずとも欲しいものを手に入れることが可能です。
地域によっては届くまで数日かかるかもしれませんが、都市部に行くには休日まで待たなくてはならないということを考えると、インターネットで買った方が早いといえます。
よほど大きな荷物にならなければ、送料もあまりかからないので、まとめ買いをしておけばそれほど金額はかかりません。
それどころか、仮に都市部まで移動するとなると移動にかかる費用が発生するので、かえって割高になってしまう恐れもあります。

また、仕事についてもインターネットを活用すべきです。
現在では在宅での仕事をしている方も多くなりましたが、こうした職業は田舎暮らしにこそ適しているといえるでしょう。
というのも、インターネットさえあれば収入を確保できるからです。
これは、インターネットが広く普及した現代だからこその利点といえます。

もちろん、その地域にある企業に就職するという方法もあります。
ただ人口が少ない分、都市部よりも求人数が低めなので、職探しに苦労するかもしれません。
その場合、就職活動中の生活費を賄うために、あらかじめ貯金しておくことも必要となるでしょう。
こうしたことを考えると、在宅での仕事の方が安心して田舎暮らしを始めることができるともいえます。

自動車免許

田舎では自動車免許が不可欠

都会で生活している方は、自動車免許を取得していないことも多いでしょう。
鉄道やバスなど、公共交通機関が発達している都市部では車を運転する必要もありませんから、このことは不思議ではありません。
車を運転する機会があるのは、せいぜい休日くらいだと思います。
しかし田舎では、事情が全く違います。

田舎の鉄道は本数がかなり少ないことが一般的ですし、地域によっては鉄道が通っていないところもあります。
それでも買い物などをする必要がありますから、移動手段を確保しなくてはなりません。
そこで、田舎暮らしをする際の必需品となるのが、自動車免許です。

田舎に住むにあたっては、自動車に乗って買い物に行くことになるでしょう。
都市部のように、歩いて行ける距離にスーパーやコンビニがあるとは限らないからです。
もちろん、スーパーなどが近くにある地域に住めば、徒歩や自転車で買い物を済ませることはできます。
しかしながら、外に出る用件は買い物だけではありません。

まず就職している場合、毎日の通勤をこなす必要があります。
徒歩か自転車で行ける距離に勤務先があるか、遠い場合でも駅が近くにあるなら車などは必要ありませんが、田舎ではそうでない場合も多いです。
そうなると、駅まで行くにしても何らかの移動手段が必要となりますし、車で通勤した方が早く到着することも多々あります。
また、お金の引き出しや振り込みなどをする必要もありますから、ATMのある施設まで行くことにもなるでしょう。

免許を取得する際の注意点

以上のように、田舎暮らしには自動車免許が必要です。
ただ、免許を取得する予定のない方は、いきなり取れと言われても不安になるばかりだと思います。
費用についての問題もありますし、そもそも教習所に通う時間をどう確保するかといった問題もあるでしょう。
そして、移住した後に免許を取るべきか、それともその前に取るべきかということも考えなくてはなりません。

移住後は何かと忙しくなるうえ、車がないと移動も困難です。
そのため、田舎暮らしを始める前に自動車免許を取得しておいた方が無難でしょう。

ただし、田舎での免許取得にも利点はあります。
それは、都会よりも田舎の方が、免許取得が容易となる傾向があるということです。
都会で免許を取る場合、路上教習でいきなり交通量の多い道路を走らされることになります。
それに対し、田舎では車のほとんど通らないような道路で教習を行うことも多いのです。

またこのような理由から、都市部に住んでいる方が地方の教習所まで来て、合宿で免許を取るということもあります。
これは、自治体にとっては移住者を獲得するチャンスでもあります。
そこで、合宿で免許を取る際、農作業や郷土料理作りといった田舎暮らし体験を取り入れるところも多くなりました。
したがって、移住を希望している地域の教習所でこうしたキャンペーンを行っているのなら、下見の意味もかねて、そこでの免許取得を検討してみても良いかもしれません。

身の回りの物

田舎で暮らすということ

東京暮らしでは、小奇麗にくらせることは色々整備整備されているからで、電気・ガスなどのライフラインが配給されるのはどこか当たり前のことだと思っていませんか?田舎に住むと、今まで当たり前だったことがそうではなくなります。
誰かがしてくれたことが、田舎では誰かもしません。
身の回りの必要なもので、東京では全く必要なかったもの。
最近、災害セットやアウトドアの普及で知られてはきましたがそれでも、日常生活で手にすることはあまりありません。

・薬一式
車で商店やスーパーに気軽に行けたとしても、田舎で常備薬は簡単に購入できません。
都会ではドラッグストアやコンビニがすぐに見つかりますが、田舎には無いことの方が多いのです。
短期・長期いずれにても移住する場合には、薬を用意しましょう。

・軍手
家の周りを整備するだけでも一苦労。
雑草抜き、石・木を運んだりと力仕事が増えます。
素肌ではすぐに傷がついてしまい仕事になりません。軍手を用意することが必要です。

・乾電池
これはかなり必要です。
というのも、都会のようにどこでもコンセントがないのです。
今はカフェやコンビニで気軽に使えるコンセント(電力)ですが、田舎にはありません。

使用できる電力が限られているので、自宅につけたコンセントだって、垂れ流しで使えるわけではありません。
また、災害などで送電が止まることが多々あります。都会のように、復旧は早くないので、数日止まることだって考えられるのです。そうなった時の乾電池は役立ちますし、ちょっとした時に役立つのです。

・懐中電灯
都会でも災害用にと備える人が増えてきました。
田舎では災害の有無に関わらず必要なものです。
街灯がない田舎では、日没過ぎると真っ暗です。また一軒家が多く、必要な部屋にのみ明かりを灯すのでトイレや台所への移動など。
懐中電灯を使うことが多々あります。

・防寒具
場所にもよりますが、山や森の中は、夏でも冷えます。
田舎で暖を取る方法と言えば、暖炉や薪ストーブなど。

電気で常に部屋が暖かいなんてことはありません。
ですので、防寒具をこ着用して寒さをしのぎます。
寒さ対策は着るもので調整しなければいけません。

生活に大事なもの

これらの生活必需品は、ホームセンターで調達できます。
わざわざ準備していかなくても移住先に付いてから調達してもいいのでは。
都会では当たり前のように配給されている電気、水、ガス。
田舎ではこれらが毎日当たり前のように配給されません。

都会生活から一変する人にとってみると驚きの連続で、最初は不便を感じることでしょう。
しかし、慣れてしまえば、人が生活する上で本当に必要なものってそれほど多くないということが分かるかもしれません。

移動手段

田舎暮らしの不便さ

都会での暮らしはとても便利ですが、その喧騒に嫌気がさしてしまうという方もいるのではないでしょうか?
そんな時に、憧れの田舎暮らしを手にしようとしている方もいることでしょう。

しかし、田舎暮らしをする中で1つ気になるのが、交通の不便さです。
場所にもよりますが、田舎に代表される場所には電車は通っていません。
足となるのがバスですが、それだって1時間に1本通っていたらまだ便利な方。
1日に数本というところだってあるのです。

夜が早い田舎は、日が暮れたら街灯もなく真っ暗です。
とはいえ、周囲数キロ圏内に何もないというわけではありません。

数キロ先には商店、最近では大型スーパだって数キロ圏内にあるのです。
そこで活躍する移動手段が車やバイクなどのエンジンで長距離走れるもの。
数キロぐらいなら自転車でもなんとかなるかもしれませんけどね。
とにかくお買いものをするのにも移動距離は長いです。

必需品

都会ではむしろ邪魔だったり、メンテナンス費用にかさんだりする車やバイク。
しかし、田舎となると足代わりになるので大切な乗り物です。
光熱費同様に生活になくてはならないものなのです。
最初は戸惑い、不便に感じる田舎暮らしですが、しかし移動手段があれば特不便は感じないのです。

高級車が必要なわけでもハイスペックなバイクなどなくても、走る車であればいいのですから。
田舎暮らしを始めようとしている人は、(持っていない人)急いで車やバイクの免許を取りに行きましょう。

アクセサリーではない

都会の人には、車やバイクはある種のステータスでアクセサリー感覚では?しかし、田舎暮らしの場合は車は生活品の一部です。
田舎ではアクセサリーはなくても生きていけますが、生活品はなくてはならないものです。
移動手段なのでこだわりや見栄えもないものです。
軽自動車、トラック、バイクなんだって、動けば十分なのです。

メンテナンス

それでも車のない随分昔は、それぞれの畑で自給自足して村人同士でシェアしたりで生きてこれたわけです。
文明の利器の発達で車が生まれたけど、それは移動手段のため。
田舎暮らしにはなくてはならない大事なものです。

とはいえ、車を手に入れてもガソリンや修理と使い続けるにはメンテナンスしなくてはいけません。
それも都会ならばガソリンの補充や修理も不便さを感じませんが、田舎はそうはいかず、ガス欠になろうものなら大変です。
メンテナンスが都会のように簡単にはできないことが分かった、都会ならすぐできることが田舎では、時間がかかったり。
代車がないことだって日常茶飯事です。しかし、それでも自然の中ので暮らす、自給自足で暮らすにはこの上ない喜びや幸せがあり、ヒトが原点に立ち返るには必要なことかもしれませんね。