武蔵村山市で田舎暮らしする魅力

武蔵村山市とは

武蔵村山市とは、東京都と埼玉県との県境にある地域です。
東京都内でも23区内のような近代的な高層ビルやコンクリートジャングルとは異なり多摩地区独特の空気が流れる地域でもあります。

武蔵村山市とは、元々は日産自動車の工場があった地域でもあります。
今はその工場は解散していますが、工場跡地にはイオンができており、生活のしやすさが向上している地域でもあります。

武蔵村山市の特徴

武蔵村山市の特徴として最も大きいのが鉄道のない市であることです。
東京都内というのはたくさんのJR私鉄が走っているのですが、武蔵村山市には電車がありません。
今後、多摩都市モノレールの市内への伸長が望まれている地域です。

そして市民によるたくさんのイベントがある市民の地元愛溢れる地域としても人気です。
食の祭典が開催されたり、ひまわり畑を作る整備事業が行われたりということも行われています。

武蔵野台地の西にあるために、東京や埼玉のどちらの人にも馴染みのある地域でもあります。
地元にあるイオンにはどちらの地域からも人が足を運んでいます。

武蔵村山市の自然環境

東京と埼玉との県境であるために自然豊かな地域であるとしても人気です。
市の北西部を狭山丘陵が西から東へと続いていますし、南側には平坦な土地が広がっています。
また、空堀川も流れているので、川と山と緑とを楽しむことができます。

みかん農園も多くあるので、収穫時期にはみかん狩りを楽しむこともできるのが特徴です。
自然豊かな環境であるので遊びに来た際には自然と触れ合うのはもちろんですが、のんびり過ごしてマイナスイオン吸収をするということもできます。

武蔵村山市の歴史

武蔵村山市は、その前身として1889年に神奈川県北多摩郡中藤村・横田村・三ツ木村・岸村が成立し、4村で中藤村外三ヶ村組合が設立されたことに歴史がさかのぼります。
そのあと、三多摩地域が東京都へと移管されて中藤村と横田村が合併して中藤村となりした。
1917年には中藤村・三ツ木村・岸村とが合併して東京都北多摩村山が成立します。

都営村山団地が竣工したことにより、この地域の人口が急増していきます。
市政の執行、山形村山氏が存在していたことで地名の変更を行い、今の武蔵村山市となり北多摩郡は消滅した流れとなっています。

武蔵村山市というのは自然豊かな地域であるので自然での遊びがたくさんできます。
サイクリングやハイキングをすることもできますし、さらには市営の公衆浴場があるので温泉も楽しめます。
過ごしやすい時期には自然の中で体を動かして、最後にお風呂を楽しむというコースが楽しみ方としてはオススメです。
色々な楽しみ方ができるので、様々な人の要望する環境を叶えてくれます。

都会でも自然で暮らせる瑞穂町

東京都内でも自然に囲まれた暮らしができる

東京というとオフィス街やタワーマンションといった自然とはかけ離れた暮らしをイメージするものです。
自然が少なく、コンクリートで埋め尽くされた地域というイメージが強く、実際に東京の23区内というのはそのような地域が多数です。

しかし、東京の中にも東京とは思えないような自然に囲まれた地域での生活ができる場所があります。
そのため、東京都内にいても自然豊かな地域で地方の田舎暮らしのような生活をすることができるような地域もあります。
そのような地域の一つが東京の西多摩郡瑞穂町です。

西多摩郡瑞穂町とは

西多摩郡瑞穂町というのは誰もが聞いたことのある地域の名称です。
瑞穂町という名前を知らなかったとしても奥多摩というフレーズは聞いたことがあるという人も多いものです。
この奥多摩という地域が瑞穂町のことを指しています。

瑞穂町というのは自然が多く残っており、空気も美味しく東京にいながらのんびりとした時間を過ごすことができる地域です。
子育て環境としてもとてもよく、都内にいながら自然と触れ合いながらの暮らしができます。
自然の量としては東京とは思えないほどに豊かであり、野生のカブトムシを捕まえられるほどです。

生活をすることができなかったとしても、キャンプ場でのキャンプや、アウトドアを楽しむこともできます。
公園も整備されているところがありますから、全くの自然で遊ぶことは不安がある人も足を運んで楽しむことができる場所でもあります。

瑞穂町で生活をする

東京都心から少し離れるために瑞穂町では物価もリーズナブルであるというのが特徴です。
東京都内でありながら家賃も低めに設定されているために、同じ金額でも都心では住めないような物件にも住むことができます。
施設が充実した物件も多く、浴室乾燥機がついているのはもちろんですが、シャンプードレッサーが付いているような今時の物件も多くあります。

都心よりも住んでいる人が少ないためにその地域性として治安の不安を感じる人も多いものです。
やはり、住んでいる人が少なく、自然も豊かとなると空き巣も入りやすくなるので治安の不安が出るのです。

しかし、瑞穂町では治安も良いのでさほど心配はいらないと言われてはいます。
それでもいつ誰の身に起きるかわからないのが空き巣のトラブルです。
そこで、セキュリティの強い物件も増えており、ピッキング対策が整ったものもしっかりあります。

便利が良いので東京には住んでいたい、それでも都心での生活には疲れたと感じる人は瑞穂町での生活がオススメです。
物価も安く地代家賃も抑えられ、なおかつ都心へのアクセスも良いということでとても良い地域であると言えます。

檜原村で田舎暮らしする魅力

檜原村とは

檜原村(ひのはらむら)とは、東京の玉地域の西部にある地域です。
本州の中で島を除くと唯一の村としても知られています。

都内でありながら、足を運ぶと東京都内とは思えないような自然溢れる地域です。
コンビニエンスストアもないというのは都内では珍しく、東京都内でありながら映画の世界のような景色が楽しめるとしても人気となっており観光客の数も増えています。

檜原村の魅力

檜原村の魅力といえば、まずは何よりも東京とは思えない景観です。
季節によって見える景色も感じられるものも変わる自然豊かな土地であり、歴史を学べるスポットもたくさんあるために散策をするたびに新たな気づきを持つことができます。

また、地域の楽しみ方として散歩をしたり、ハイキングをしたりと目的に応じて様々な楽しみ方ができるのも魅力です。
足を運ぶ機会を増やすことができますし、楽しみ方が異なるので何度来ても新鮮に感じられます。

檜原村の有名ポイント

檜原村には50を超える滝があると言われていますが、その中でも代表的なのが払沢の滝です。
払沢の滝は、ホッサワノタキと読み、入口の駐車場から滝までは徒歩10分ほどかかります。

滝の上の方は木々に覆われているので見えませんが、段が4つありその前兆は60メートルにも及びます。
毎年8月中旬には払沢の滝祭も開催され、この時にはライトアップした滝を楽しむことができます。

また、冬には滝全体が氷で固まります。
氷結した滝はとても見事であり圧巻で夏と合わせて見学をしたいスポットです。

また、自然を満喫しながらのレジャーが楽しめるのも檜原村の特徴です。
川の近くでバーベキューをしたり、釣りを楽しんだりということができますし、お弁当を持っていって散策の途中で食べるのも楽しめます。

足に自信があり、散策を楽しみたいという人には登山を楽しむという方法もあります。
登山できるスポットというのはいくつもあります。
最も高いのが標高1531メートルある三頭山、それ以外にも御前山、大岳山、浅間尾根といった山がありそれぞれに登ることができます。

もしも登山は不安だという人であればもう少し登りやすいものとしてハイキングもあります。
檜原村のホームページの中には滝遍路のコースパンフレットもありますから、自分の体力に応じてハイキングや登山を楽しむことができます。

アクセスもしやすく、電車でも車でも訪れやすいです。
電車の場合にはJR五日市線「武蔵五日市駅」で下車をし、そこからバスで20分ほどです。
東京駅からの場合には立川駅で青梅線に乗り換え、さらにその後JR五日市線への乗り換えと、乗り換えは面倒ですが2時間ほどで到着できます。

また、車の場合にも、上野原I.Cより約30分、あきる野I.Cより約30分。と高速を利用すれば神奈川からも行きやすい場所にあります。
自然に触れ合いたいけれどもあまり遠出はできないという人にはぜひおすすめしたいスポットです。

葛飾周辺で田舎暮らし

葛飾周辺の地域はお得

葛飾周辺の地域というのは物価も安く、住宅の価格もリーズナブルであり住みやすい地域です。
まだまだあまり知られていないですが、他にも良いところがたくさんあります。

葛飾周辺の地域というと、京成本線や京成押上線とった路線を利用するところになります。
京成本線のお花茶屋、青砥、京成立石というのは三角形になっておりこの地域は特に住みやすい地域です。
マンションやアパートの家賃相場もリーズナブルですし、物価も手ごろです。

また、電車のアクセスとして羽田空港や成田空港へ行くのも行きやすい場所です。
青砥や京成立石は成田空港にも羽田空港にも乗り換えなしで行くことができます。
ビジネスマンで出張がある人にとっては乗り換えなく空港に行けるというのはとても便利です。

葛飾区の歴史

葛飾区というのは首都圏の中でも東側、荒川を挟んで墨田区や足立区と向かい合う場所です。
地理的特徴として、葛飾区というのはそのほとんどが荒川、中川、江戸川といった皮によって作られた低地です。

江戸時代には、幕府の直轄領となっていた場所であり、徳川家の将軍たちの鷹狩を楽しむ場所となっていました。
他の区域に比べて下町エリアの中でも広めな環境であるのは、この葛飾の地域が鷹場といて保護されており、開発されるのが遅くなったことに要因があるとも考えられています。

電車の便利が良い地域

葛飾のあたりというのは乗り物のアクセスがとても良い地域でもあります。
京成押上線は都営浅草線と乗り入れをしているために、日本橋や新橋といったところにつながっています。
さらには都営浅草線は京浜急行線と乗り入れをしているために羽田空港や川崎、横浜、三崎方面にも足を延ばすことができます。

その反対側の路線としては京成本線は成田空港まで向かうことができます。
青砥やお花茶屋のある京成本線は日暮里を経て山手線に乗り換えることもできますし、町屋で東京メトロ千代田線に乗り換えるということもできます。
これによりアクセスできる範囲というのはとても広がり通勤や通学、遊びに行く地域の選択肢を広げることができます。

また、裏技として都営浅草線というのは駅によってオフィス街の多くを通過する銀座線とも繋がります。
上野、秋葉原、神田、日本橋、京橋、銀座といった路線駅は多くの乗降客がいる駅であるために銀座線は利用者が多い路線です。
ここに近いところを都営浅草線は走るので、駅から歩く必要は出るものの駅の近くまで電車で行くことができるというのは通勤を楽にすることができる裏技として是非活用したいものです。

通勤や電車でのアクセスもとても良い地域であり、なおかつ物価もリーズナブルであり、環境としても過ごしやすい地域である葛飾は単身者にも家族連れにもオススメの地域と言えます。

五日市での暮らし

五日市で田舎暮らし

都内で田舎暮らしをしたいと考えるなら、五日市も選択肢に挙がるのではないでしょうか。
五日市は東京都でありながら山に囲まれた地域であり、豊かな自然が数多く残っています。
標高が高いことから気温があまり上がらず、夏でも過ごしやすい環境であることも魅力的です。

一方、冬には雪が降ることも多く、特に標高の高いエリアでは積雪が多くなるでしょう。
そのため、都内にいながら雪遊びを楽しむこともできます。
逆に言えば、それだけ寒い地域でもあるので、注意も必要です。
特に車を使う方は、冬場のタイヤ交換が欠かせないでしょう。

このように、五日市は田舎暮らしに適した地域です。
ただ、五日市のことを詳しく知らないという方も多いでしょう。
では、どのような地域なのでしょうか。

五日市の魅力

もともと五日市は木炭産業が盛んな地域で、戦国時代の終わりには木炭市が始まりました。
このことが、五日市という名前の由来ともなっています。
今では木炭産業も衰退してしまったものの、江戸時代には20万俵もの炭が生産されていたのです。
明治の町村制施行後の1889年に五日市町が誕生しましたが、隣接する秋川市との合併により、1995年に現在のあきる野市となりました。

五日市には、文化財や有名な寺社も数多くあります。
なかでも阿伎留神社は平安時代に記された「日本三大実録」、「延喜式神名帳」にも記述があるほど、深い歴史のある神社です。
そのため、鎌倉から戦国時代に活躍した多くの武将が訪れた神社とも言われ、源頼朝、足利尊氏、徳川家康などからの寄進状も残っています。
9月末には五日市祭という例大祭が行われ、例年大きな盛り上がりを見せるのも特徴です。

この他にも、五日市周辺には源頼朝の命を受けて作られた大悲願寺や大塚古墳などの歴史的価値の高いスポットが数多く残っています。
このように、五日市は深い歴史があるのが特徴ですが、最大の魅力はやはり豊かな自然があるところでしょう。

上記のように、五日市は山に囲まれた地域です。
戸倉三山の臼杵山や馬頭刈山など千メートルクラスの山々が近辺にあり、少し離れた場所には都内最高峰の雲取山もあります。
登山が趣味という方は一度挑戦してみるのも良いかもしれません。
その一方で、弁天山、城山、金毘羅山といった500メートル以下の山もあり、ハイキングを楽しむことができます。

五日市の魅力は山だけではありません。
秋川という川も流れており、その水は離れた場所からでも魚の泳ぐ姿を確認できるほど透明です。
そのため、夏場には多くの方が川遊びに訪れます。
川沿いにはキャンプ場もあり、バーベキューやキャンプなどのアウトドアも楽しめるでしょう。

秋川渓谷は自然も豊かです。
春には様々な花を見ることができますし、夏にはクワガタやカブトムシなどの昆虫採集やホタルの鑑賞、秋には素晴らしい紅葉の風景といったように、四季折々の魅力があります。
五日市は都心から1時間程の距離にありますから、都内での田舎暮らしを検討している方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

町田市にある小山田緑地

自然豊かな地域は都内にもある

田舎暮らしの魅力としては、自然を身近に感じることができるということもあるのではないでしょうか。
特に子どものいる家庭では、お子さんに大自然の中で遊ぶという経験をさせたいと考えることも多いでしょう。
しかし、東京都内ではこうした経験をさせることは難しいかもしれません。
このような理由もあって、地方への移住を検討しているという方もいると思います。

ただ、都内でも自然豊かな土地はあります。
大きな公園や田園風景が残るこうした場所では、都市部では見ることのできない多様な植物や虫などを見ることができます。
そのひとつが町田市にある小山田緑地です。

小山田緑地の魅力

小山田緑地は都立公園のひとつであり、町田市の北西部にあります。
クヌギやコナラといった雑木林に覆われた豊かな自然が特徴で、都内にいながら自然を身近に感じることができるでしょう。
また、アサザ池、トンボ池といった池もあります。
そのため、ハイキングコースとしても人気の場所であり、子どもやお年寄りなど数多くの人が散策に訪れています。

園内には広大な広場もあり、芝生の上で寝そべったり、サッカーや野球などのスポーツをしたりと楽しみ方も様々です。
このほか、小さなお子さんが楽しめるアスレチックなどもありますので、お子さんのいる家庭にはもってこいのスポットといえるのではないでしょうか。

小山田緑地では、都内ではなかなか見ることのできないような動植物が生息しています。
例えば、水辺にはトンボがいますし、池ではコイが泳ぐ姿を見ることもできるでしょう。
他にも、カマキリやバッタ、ときにはヘビなども見ることができます。

園内には様々な植物が植えられているのも特徴です。
アサザ、モウソウチク、ススキ、カントウタンポポ等の多様な植物が生息しています。
散歩がてらに、お子さんと自然観察などをしてみるのも良いかもしれません。

小山田緑地近辺で田舎暮らし

このように、小山田緑地には多くの自然が残っていますが、園内だけでなくこの地域全体としても自然が豊かです。
緑地近辺には田んぼも多く、田園風景を楽しむことができます。
そのため、田舎暮らしに適した土地であるともいえるでしょう。
夜には、いまや全国的にも珍しくなった蛍が見られることもあり、自然が手つかずで残っていることの証拠ともいえます。

交通機関へのアクセスが容易であるという点も重要です。
小山田緑地周辺は神奈川県と東京都との県境に位置していますが、どちら側も駅が近くにあります。
少し歩けば鉄道を利用することができますので、通勤や通学も問題ないでしょう。
田舎暮らしに憧れている方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

八王子で田舎暮らし

田舎に対するイメージの変化

田舎というと、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。
かつてはマイナスのイメージを抱く人が圧倒的に多く、観光で訪れようとは考えても、住んでみたいとは決して考えなかったでしょう。
またこのような考え方が支配的であったため、地方に住む若者もコンプレックスを抱き、積極的に都市部に移住しようとする傾向がありました。

もちろん、現在でもそうした価値観は根強く残っていますが、変化の兆しもあります。
田舎暮らしに憧れを持つ方が多くなってきたのです。
現代は何かとストレスを感じることの多い時代でもあります。
そのため、都会の喧騒から離れ、ゆったりとした生活を送りたいと考える方が増えています。

ただ、田舎暮らしへの憧れはあるものの、現在の仕事の関係上、都内から離れることができないという場合もあると思います。
そんな方におすすめしたいのが、八王子への移住です。

自然が豊かな八王子

日本の首都ということもあり、ビルやマンション、住宅等が所狭しと立ち並ぶ東京都内ではありますが、自然の残る地区も存在します。
八王子市もそんな場所のひとつです。

高月町、上恩方町といった地域では農業が盛んに行われており、都内ではあまり見ることのできない田園風景が広がっています。
特に、高月町は米どころとして有名であり、都内最大級の田園風景が見られる地区です。

また、八王子には自然豊かな公園もいくつかあります。
滝山城跡としても有名な滝山公園では、ソメイヨシノ、ヤマザクラなど5000本もの桜が植えられ、都内でも有数の桜の名所です。
この他、長沼公園や小宮公園等の公園もあり、広大な雑木林や多様な植物などが見どころです。

そして、八王子は山々に囲まれている土地でもあります。
陣馬山や景信山、小仏城山など八王子には多くの山がありますが、特に有名なのが高尾山です。

高尾山は観光地として有名な場所であり、季節を問わず多くの観光客が訪れます。
登山目的の方もいますが、ケーブルカーで登ることもできるため、気軽に景色を楽しむことができるという点も魅力でしょう。
様々な種類の植物や動物、昆虫等が見られる場所でもあるので、都内にいながら大自然を満喫することができるスポットです。

八王子に住むメリット

このように、八王子は自然に囲まれた土地です。
しかし最大の魅力は、都内に住みながら田舎暮らしができるという点にあるのではないでしょうか。

地方では交通手段に不便さを感じることも多く、通勤や買い物には自動車が不可欠です。
その点、八王子なら都内の発達した交通機関を引き続き利用できますから、安心して生活できます。
したがって、田舎暮らしをしてみたいと考えている方は、八王子への移住を検討してみてはいかがでしょうか。

東京の田舎で物件を探すなら

大手の不動産屋がオススメ

大都会・東京だけあって、やはり物件を扱う不動産屋もそれだけの数になっています。

たくさんの数があると、「どの不動産屋にしようか」と迷ってしまいますが、やはり賃貸物件を選ぶのであれば、大きい不動産屋から小さい不動産屋まで、色々な不動産屋を見てみることをオススメしたいです。

なぜなら、大きい不動産屋、小さい不動産屋、ともにメリットもデメリットもあるからです。

まず、条件のいい賃貸マンションを探したいなら、大手のページを見てみましょう。

なぜなら、大手というのは良質な賃貸物件をたくさん持っている可能性があるからです。

大手不動産の場合、分譲マンションの物件を持っていることが多いのですが、分譲マンションというのは、一度販売した物件を賃貸で貸すということもやっていますので、良質なマンションを見つけることができる可能性が高いです。

「すまいる情報/多摩」「昭和コーポレーション」「TOHTO」「東和」

例えば、多摩地区だったら「すまいる情報/多摩」はどうでしょう。

多摩地区にあるかなりのかずのマンションを物件として持っているようですので、頼れそうです。

また、昭和コーポレーション、TOHTOなどもチェックしておきたいですね。

実際に、サイトで分譲マンションの賃貸物件を紹介しているのが「東和」です。

ファミリータイプの分譲マンションを探したい人は、ここを頼ってみると良い物件を見つけることができるかもしれません。

他にも、フォレスト・ライフや石坂商事など、多摩地区にはたくさんの不動産屋がありますので、ぜひとも覗いてみて下さい。

探し方次第では、安くて良質な物件との出会いもありそうです。

 

「和光」「藤和ハウス」

また、「多摩ニュータウン」に特化した不動産サイトとして「和光」というところがあるそう。

こちらは、学生向けの物件なども預かっており、多摩・八王子などのマンションを中心に見ることができるマンションだとか。

色々な賃貸物件を見たい、という人なら、こちらのサイトを見て損はないでしょう。

この不動産屋の特徴は、なんといっても条件から検索をすることができること。

築5年以内に建てられた物件の特集、礼金や敷金が0円のマンションなど、たくさんのマンションを見ることができますので、オススメです。

 

多摩市だけでなく、近隣にある府中市なども見たい場合は「藤和ハウス」というところがオススメ。

もちろん、大手の大東建託、エイブル、アパマンショップなどもありますので、小さなところから大きなところまで、くまなく探してみてほしいと思います。

きっと、良い出会いがあるでしょう。

東京の田舎暮しなら多摩・高幡不動

多摩について

インターネットで、「東京で田舎暮しをするなら」と検索すると、「多摩」と答える人が多いです。

では、多摩とはどういうところにあるのでしょうか。

 

多摩は非常に広範囲にわたる市で、なんと東京の人口三分の一がここに集中しています。

多摩と言われると、おそらく「奥多摩」を連想する人が多いでしょう。

「奥多摩」とは、関東山地にあるところで、豊かな自然を楽しむことができると東京都民に大人気のスポット。

この奥多摩では、豊かな自然を利用したレジャーや、子供を対象にしたイベントが開催されており、多くの人が訪れるスポットとなっています。

なんと、マスやヤマメなども釣ることができるそうですよ。

 

他にも、高尾山や多摩川があります。

青梅市などは、梅がたくさん見られるポイントとしてかなり有名ですよね。

この多摩の中でも、「高幡不動」はいかがでしょうか。

高幡不動にある高幡不動駅は、モノレールもとまることで有名ですよね。

この駅は1000年の歴史があるそうで、歴史的な意味も非常に大きいそうです。

おすすめ物件

高幡不動産は、わりと多くの賃貸物件・販売物件を見ることができますので、都会にいながら田舎暮しをしたいという人にはお勧めかもしれません。

東京まで出るのもいいですが、多摩自体が非常に見所の多い土地ですので、生活しながら多摩のスポットをまわってみるといいかもしれません。

自然を利用した公園なども非常に多く、遊びがいがあると思いますよ。

 

世田谷で田舎暮し

場所を選べば、田舎暮らしができる

世田谷というと、東京の中でも都会と言うイメージがあるかもしれません。

世田谷は人口も多く、名前も知られているので「都会だろう」と言われることも多いのですが、面積がとても広いので、探せば田舎暮しを堪能することができるスポットも存在します。

みなさんは「サザエさん」と言うアニメをご存知ですよね?

実は、あのサザエさん一家が住んでいるのが世田谷なのです。

サザエさんが描かれた時代とは色々なことが変わっていますが、それでもあそこで描かれている街を「典型的な世田谷」と評する人もいるそう。

つまり、田舎と都会がある程度混ざり合っている場所であると言えるでしょう。

世田谷は、場所さえしっかりと選べば、それなりの田舎暮しが楽しめます。

それも、きちんと交通の便も良いので、都会に出るのも非常に便利です。

 

場所によって、色々な顔を見せる世田谷

世田谷は、駒沢、二子玉、成城などは都会。

しかし、狛江の方にいくと、そこそこの田舎風景が広がっているそう。

田園調布は、高級住宅地として知られているスポットですよね。

この様に、色々な顔を見ることができるのが世田谷のいいところでしょう。

武蔵野などは、田舎暮しができるということで、割と有名なポイント。

現地を見ると、その様子が良くわかります。

 

三軒茶屋、狛江がおすすめ!

そんな世田谷で、のどかな光景の中で生活をしたいなら、「三軒茶屋」はいかがでしょう。
田舎暮らしをする上で、「駅まで近い」というのは非常に重要なポイントですので、しっかりとチェックしておいて下さい。

さらに、世田谷と言うこともあり、渋谷まで電車で4分です。

田舎ですが、これならすぐに中心部に行くことができるので、お勧めのエリアです。