大人ぬりえ

大人ぬりえの流行

文字トレーニングや天声人語や写経といった書写をするものが流行を見せています。
一心不乱に文字を書くことがストレス解消になったり、集中することで気持ちが落ち着いたりという効果があると言われています。

この流れを受けて大人のぬりえが同じように流行をしてます。
大人がぬりえをすることによってもいろいろな効果を得られるのです。

大人ぬりえの効果

子どもが家にいたり、姪っ子や甥っ子と遊んだり、保育士が保育園で園児と遊んだりという場面で大人が子どものぬりえに付き合う場面があります。
このような時、ぬりえをすることを楽しめたという大人はとても多いです。

色を塗るという行為にははみ出ないようにと気をつけたり色のバランスを考えて塗ったりという作業が意外と楽しめるものです。
ぬりえをすることによって、いろいろな効果を得ることができます。

例えば、リラックス効果が得られたり、ストレスが解消できたりします。
また、アートセラピーとしての効果を得ることもできます。
集中して作業をすることがストレス発散になったり脳の老化防止になったりもします。

絵を描くというのは絵心の有無によって楽しめる人とそうでない人とがいます。
ぬりえというのは絵心関係なく誰でもできますし、はみ出さずに塗るというのは大人になって細かく手先が動くようになれば多くの大人がうまく行うことのできる作業です。
上手下手関係なく行うことのできる作業であるために楽しみながら塗ることができ、このような効果を得ることができるのです。

大人のぬりえの特徴

大人のぬりえというのは子どものものとは違い、塗るものが少し変わっています。
子どものぬりえはイラストを元に塗っていきますが、大人のぬりえはそのようなものだけでなく柄を塗っていくものが多いです。

この柄を塗るものというのは柄が細かいために作業に集中が必要です。
この集中する作業によってストレス解消やリラックス効果が得られます。
また、既存のものではなく自分で完成図をイメージをして色を配色していくことで脳を活性化することにも役立ちます。

中には世界の伝統的な模様を特集したものや、日本古来からの絵柄を取り扱ったもの、子どもの頃を思い出せるような絵柄でありつつも大人向けの細かなものなど種類豊富で下絵を見ているだけでも十分に楽しむことができるものが増えています。
最近のぬりえの中には3Dタイプのものも出てきており、進化を続けています。

多くの書店には大人ぬりえのコーナーがありたくさんのぬりえの本が販売されています。
自分の好みのものを見つける方が作業にも集中しやすく楽しめるので自分で選ぶことがオススメです。
自分のライフスタイルにあわせて対応しましょう。