武蔵村山市で田舎暮らしする魅力

武蔵村山市とは

武蔵村山市とは、東京都と埼玉県との県境にある地域です。
東京都内でも23区内のような近代的な高層ビルやコンクリートジャングルとは異なり多摩地区独特の空気が流れる地域でもあります。

武蔵村山市とは、元々は日産自動車の工場があった地域でもあります。
今はその工場は解散していますが、工場跡地にはイオンができており、生活のしやすさが向上している地域でもあります。

武蔵村山市の特徴

武蔵村山市の特徴として最も大きいのが鉄道のない市であることです。
東京都内というのはたくさんのJR私鉄が走っているのですが、武蔵村山市には電車がありません。
今後、多摩都市モノレールの市内への伸長が望まれている地域です。

そして市民によるたくさんのイベントがある市民の地元愛溢れる地域としても人気です。
食の祭典が開催されたり、ひまわり畑を作る整備事業が行われたりということも行われています。

武蔵野台地の西にあるために、東京や埼玉のどちらの人にも馴染みのある地域でもあります。
地元にあるイオンにはどちらの地域からも人が足を運んでいます。

武蔵村山市の自然環境

東京と埼玉との県境であるために自然豊かな地域であるとしても人気です。
市の北西部を狭山丘陵が西から東へと続いていますし、南側には平坦な土地が広がっています。
また、空堀川も流れているので、川と山と緑とを楽しむことができます。

みかん農園も多くあるので、収穫時期にはみかん狩りを楽しむこともできるのが特徴です。
自然豊かな環境であるので遊びに来た際には自然と触れ合うのはもちろんですが、のんびり過ごしてマイナスイオン吸収をするということもできます。

武蔵村山市の歴史

武蔵村山市は、その前身として1889年に神奈川県北多摩郡中藤村・横田村・三ツ木村・岸村が成立し、4村で中藤村外三ヶ村組合が設立されたことに歴史がさかのぼります。
そのあと、三多摩地域が東京都へと移管されて中藤村と横田村が合併して中藤村となりした。
1917年には中藤村・三ツ木村・岸村とが合併して東京都北多摩村山が成立します。

都営村山団地が竣工したことにより、この地域の人口が急増していきます。
市政の執行、山形村山氏が存在していたことで地名の変更を行い、今の武蔵村山市となり北多摩郡は消滅した流れとなっています。

武蔵村山市というのは自然豊かな地域であるので自然での遊びがたくさんできます。
サイクリングやハイキングをすることもできますし、さらには市営の公衆浴場があるので温泉も楽しめます。
過ごしやすい時期には自然の中で体を動かして、最後にお風呂を楽しむというコースが楽しみ方としてはオススメです。
色々な楽しみ方ができるので、様々な人の要望する環境を叶えてくれます。