葛飾周辺で田舎暮らし

葛飾周辺の地域はお得

葛飾周辺の地域というのは物価も安く、住宅の価格もリーズナブルであり住みやすい地域です。
まだまだあまり知られていないですが、他にも良いところがたくさんあります。

葛飾周辺の地域というと、京成本線や京成押上線とった路線を利用するところになります。
京成本線のお花茶屋、青砥、京成立石というのは三角形になっておりこの地域は特に住みやすい地域です。
マンションやアパートの家賃相場もリーズナブルですし、物価も手ごろです。

また、電車のアクセスとして羽田空港や成田空港へ行くのも行きやすい場所です。
青砥や京成立石は成田空港にも羽田空港にも乗り換えなしで行くことができます。
ビジネスマンで出張がある人にとっては乗り換えなく空港に行けるというのはとても便利です。

葛飾区の歴史

葛飾区というのは首都圏の中でも東側、荒川を挟んで墨田区や足立区と向かい合う場所です。
地理的特徴として、葛飾区というのはそのほとんどが荒川、中川、江戸川といった皮によって作られた低地です。

江戸時代には、幕府の直轄領となっていた場所であり、徳川家の将軍たちの鷹狩を楽しむ場所となっていました。
他の区域に比べて下町エリアの中でも広めな環境であるのは、この葛飾の地域が鷹場といて保護されており、開発されるのが遅くなったことに要因があるとも考えられています。

電車の便利が良い地域

葛飾のあたりというのは乗り物のアクセスがとても良い地域でもあります。
京成押上線は都営浅草線と乗り入れをしているために、日本橋や新橋といったところにつながっています。
さらには都営浅草線は京浜急行線と乗り入れをしているために羽田空港や川崎、横浜、三崎方面にも足を延ばすことができます。

その反対側の路線としては京成本線は成田空港まで向かうことができます。
青砥やお花茶屋のある京成本線は日暮里を経て山手線に乗り換えることもできますし、町屋で東京メトロ千代田線に乗り換えるということもできます。
これによりアクセスできる範囲というのはとても広がり通勤や通学、遊びに行く地域の選択肢を広げることができます。

また、裏技として都営浅草線というのは駅によってオフィス街の多くを通過する銀座線とも繋がります。
上野、秋葉原、神田、日本橋、京橋、銀座といった路線駅は多くの乗降客がいる駅であるために銀座線は利用者が多い路線です。
ここに近いところを都営浅草線は走るので、駅から歩く必要は出るものの駅の近くまで電車で行くことができるというのは通勤を楽にすることができる裏技として是非活用したいものです。

通勤や電車でのアクセスもとても良い地域であり、なおかつ物価もリーズナブルであり、環境としても過ごしやすい地域である葛飾は単身者にも家族連れにもオススメの地域と言えます。