家庭菜園

どこでも簡単

土いじり、手や指さきを動かすことはヒトの脳にとってもよい働きをするということをご存知でしょうか?
昔も今も土いじりは好きな人が多く都会ではガーデニングも人気ですよね。
都会での家庭菜園はプランターなど限られたスペース。
しかし、田舎では広大な庭にあたなの好きな野菜や花を栽培することができます。

家庭菜園始めました

家庭菜園はプランターや庭があれば気軽に始められます。
それにはまって、もっと色々種類の野菜や花を育てたいと田舎に移住する人もいることでしょう。

庭で家庭菜園をすると、敷地が確保できるので色々なものを栽培できます。
何を栽培しましょうか?野菜によっては場所や気候、土質が限られることがありますので安易に好きなものだけをいっぺんに栽培することができないかもしれません。
栽培には、成長までに日数がかかるものやそうでないものと特徴も様々。

都会と田舎の違い

家庭菜園における都会と田舎の違い見ることにしましょう。
都会の場合は、場所の問題や日当たり、一軒家ならともかくマンションの場合ベランダでの菜園は限られるケースがあります。
土や肥料などはわざわざホームセンターでキットを購入しなければなりません。
家庭菜園を始めるために一式そろえた状態にするまでに割と手間がかかります。

少しばかり人工的な香りがしますよね。
意外とネックになるのが日当たりです。
一方の田舎での家庭菜園の場合、日当たりを気にする必要はまずありません。
プランターもあえて使わなくても畑に土もありますし、自然の素材から栽培ができてしまいます。

虫や動物との戦い

田舎での家庭菜園の場合、虫や動物との戦いが必要になります。
田舎は自然が多い分、菜園などで野菜を作るとそれを狙う虫や動物が現れます。

野菜などの食物は虫や動物にとっても美味しいエサなので、収穫前に食べられてしまうこともあります。
それだけ無添加で自然の物なので、人間の身体にとっても栄養素の高い美味しい食物であることは間違いないのですが、育て主が食べる前に食べられてしまっては意味がありません。
あれこれを先人の知恵を使って外敵から守らなければいけません。

家庭菜園のよさ

都会であろうと田舎であろうと、土いじりは昔も今も、また場所を問わず親しまれている遊びです。
土も呼吸をして生きていて、その上に私たちが暮らしています。
土の持つエネルギーを感じる機会って必要だと思います。

家庭菜園は土のエネルギーを簡単に感じることができます。
また作物の成長を日々見続けることで心の豊かさを得ることができるのです。
特に田舎での家庭菜園は気候や動物など。
外的要因と共存が必要です、成長と共に色々なことを感じることができます。