自然の中で育つ喜び

自然の美しさ

田舎で育つ大きなメリットのひとつに、やはり「自然の息吹を身近で感じることができる」というものがあります。
自然の美しさというのは、何にも変えがたいもの。
人工的な美しさというのは、あくまで人の手で作られたものですので、どう変化していくかというのもある程度人の手で予想をすることが可能でしょう。
しかし、自然の美しさというのはそうではありません。
自然の美しさは、あくまで自然から生まれたものですので、人間がどうなるかを予想することは難しいものです。
例えば、紅葉ひとつにしても、美しく色づくかどうかは自然次第です。
もし、寒暖の差にあまり変化がなく、美しい紅葉を期待することができない場合でも、人の手でそれをどうにかすることは難しいでしょう。
なぜなら、紅葉というのはあくまで自然のものであり、人間がどんなに力を入れて努力したとしても、その自然を変えることは難しいからです。
そんな自然と一緒に生きるということは、自然がもつ力を感受して生きるということです。
最近は感覚が薄れつつありますが、かつて人間は自然の一部であり、自然と一緒に成長をしてきた歴史があります。
そういったことを学びながら、生活をすることができるということ。
それは、田舎で生活することの大きなメリットなのではないでしょうか。

山や川に感謝をするということ

私たち人間は、自然の恩恵を一心に受けながら生活をしています。
例えば、川は私たちの飲料水となり、畑や田を潤す存在であるということ。
そして、山には私たちを育む味覚がたくさんあること、そして木々のおかげで私たちは呼吸することが出来ているということなどを、しっかりと学ぶことができるでしょう。
そのような環境の中で育つと、自然と「自然に感謝しながら生きる」ということが身につき、お金では買うことができない豊かさを得ることができる様になります。
自然の中に生きるということは、人の心をこれ以上なく豊かにするもの。
そして、自然の中で生きる人間の姿を、リアルに感じることができることです。
このことは、自然の中で生きるとても大きなメリットになると考えて良いのではないでしょうか。
恐らく、この点に関して「自然の中でいきるメリット」を見出している人は、本当にたくさんいると思います。

自然の中で生きることができる、これは、田舎で生活する大きなメリットです。
都会には都会のよさがありますが、田舎には田舎のよさがある。
そして、その田舎のよさを実感することができる場所というのは、年々減少しているといって良いかもしれません。
このことを考えますと、やはり田舎の存在は貴重なものであり、人間にとって必要不可欠なものであると言えるのではないでしょうか。
この様な田舎で生活するということは、実はとても贅沢なことなのかもしれませんね。