東京の田舎で物件を探すなら

大手の不動産屋がオススメ

大都会・東京だけあって、やはり物件を扱う不動産屋もそれだけの数になっています。

たくさんの数があると、「どの不動産屋にしようか」と迷ってしまいますが、やはり賃貸物件を選ぶのであれば、大きい不動産屋から小さい不動産屋まで、色々な不動産屋を見てみることをオススメしたいです。

なぜなら、大きい不動産屋、小さい不動産屋、ともにメリットもデメリットもあるからです。

まず、条件のいい賃貸マンションを探したいなら、大手のページを見てみましょう。

なぜなら、大手というのは良質な賃貸物件をたくさん持っている可能性があるからです。

大手不動産の場合、分譲マンションの物件を持っていることが多いのですが、分譲マンションというのは、一度販売した物件を賃貸で貸すということもやっていますので、良質なマンションを見つけることができる可能性が高いです。

「すまいる情報/多摩」「昭和コーポレーション」「TOHTO」「東和」

例えば、多摩地区だったら「すまいる情報/多摩」はどうでしょう。

多摩地区にあるかなりのかずのマンションを物件として持っているようですので、頼れそうです。

また、昭和コーポレーション、TOHTOなどもチェックしておきたいですね。

実際に、サイトで分譲マンションの賃貸物件を紹介しているのが「東和」です。

ファミリータイプの分譲マンションを探したい人は、ここを頼ってみると良い物件を見つけることができるかもしれません。

他にも、フォレスト・ライフや石坂商事など、多摩地区にはたくさんの不動産屋がありますので、ぜひとも覗いてみて下さい。

探し方次第では、安くて良質な物件との出会いもありそうです。

 

「和光」「藤和ハウス」

また、「多摩ニュータウン」に特化した不動産サイトとして「和光」というところがあるそう。

こちらは、学生向けの物件なども預かっており、多摩・八王子などのマンションを中心に見ることができるマンションだとか。

色々な賃貸物件を見たい、という人なら、こちらのサイトを見て損はないでしょう。

この不動産屋の特徴は、なんといっても条件から検索をすることができること。

築5年以内に建てられた物件の特集、礼金や敷金が0円のマンションなど、たくさんのマンションを見ることができますので、オススメです。

 

多摩市だけでなく、近隣にある府中市なども見たい場合は「藤和ハウス」というところがオススメ。

もちろん、大手の大東建託、エイブル、アパマンショップなどもありますので、小さなところから大きなところまで、くまなく探してみてほしいと思います。

きっと、良い出会いがあるでしょう。

東京の田舎暮しなら多摩・高幡不動

多摩について

インターネットで、「東京で田舎暮しをするなら」と検索すると、「多摩」と答える人が多いです。

では、多摩とはどういうところにあるのでしょうか。

 

多摩は非常に広範囲にわたる市で、なんと東京の人口三分の一がここに集中しています。

多摩と言われると、おそらく「奥多摩」を連想する人が多いでしょう。

「奥多摩」とは、関東山地にあるところで、豊かな自然を楽しむことができると東京都民に大人気のスポット。

この奥多摩では、豊かな自然を利用したレジャーや、子供を対象にしたイベントが開催されており、多くの人が訪れるスポットとなっています。

なんと、マスやヤマメなども釣ることができるそうですよ。

 

他にも、高尾山や多摩川があります。

青梅市などは、梅がたくさん見られるポイントとしてかなり有名ですよね。

この多摩の中でも、「高幡不動」はいかがでしょうか。

高幡不動にある高幡不動駅は、モノレールもとまることで有名ですよね。

この駅は1000年の歴史があるそうで、歴史的な意味も非常に大きいそうです。

おすすめ物件

高幡不動産は、わりと多くの賃貸物件・販売物件を見ることができますので、都会にいながら田舎暮しをしたいという人にはお勧めかもしれません。

東京まで出るのもいいですが、多摩自体が非常に見所の多い土地ですので、生活しながら多摩のスポットをまわってみるといいかもしれません。

自然を利用した公園なども非常に多く、遊びがいがあると思いますよ。

 

世田谷で田舎暮し

場所を選べば、田舎暮らしができる

世田谷というと、東京の中でも都会と言うイメージがあるかもしれません。

世田谷は人口も多く、名前も知られているので「都会だろう」と言われることも多いのですが、面積がとても広いので、探せば田舎暮しを堪能することができるスポットも存在します。

みなさんは「サザエさん」と言うアニメをご存知ですよね?

実は、あのサザエさん一家が住んでいるのが世田谷なのです。

サザエさんが描かれた時代とは色々なことが変わっていますが、それでもあそこで描かれている街を「典型的な世田谷」と評する人もいるそう。

つまり、田舎と都会がある程度混ざり合っている場所であると言えるでしょう。

世田谷は、場所さえしっかりと選べば、それなりの田舎暮しが楽しめます。

それも、きちんと交通の便も良いので、都会に出るのも非常に便利です。

 

場所によって、色々な顔を見せる世田谷

世田谷は、駒沢、二子玉、成城などは都会。

しかし、狛江の方にいくと、そこそこの田舎風景が広がっているそう。

田園調布は、高級住宅地として知られているスポットですよね。

この様に、色々な顔を見ることができるのが世田谷のいいところでしょう。

武蔵野などは、田舎暮しができるということで、割と有名なポイント。

現地を見ると、その様子が良くわかります。

 

三軒茶屋、狛江がおすすめ!

そんな世田谷で、のどかな光景の中で生活をしたいなら、「三軒茶屋」はいかがでしょう。
田舎暮らしをする上で、「駅まで近い」というのは非常に重要なポイントですので、しっかりとチェックしておいて下さい。

さらに、世田谷と言うこともあり、渋谷まで電車で4分です。

田舎ですが、これならすぐに中心部に行くことができるので、お勧めのエリアです。

青梅市で田舎暮し

青梅は緑豊か!

東京には緑はないなどと思われがちですが、探せば東京にもしっかりと緑を見つけることができます。

都心は非常に便利ですが、家賃が高いというデメリットもありますので、郊外を選んで住む人も決して少なくありません。

ここで、「では、どんなところならすみやすいのか」について解説してみましょう。

 

東京都で田舎なら、青梅はいかがでしょう。

豊かな緑が残る青梅は、あの奥多摩も近くにあるという立地条件の良さ。

奥多摩では、自然と戯れることができるイベントがたくさん開催されていますよね。

また、あの「青梅マラソン」の開催地としても有名。

春になると、駅前にある梅の公園には美しい梅が咲きます。

ここの梅は非常に有名な様で、ニュースでも取り上げられました。

この梅を目当てに、なんとシーズンには30万人と言う人が訪れるとか。

 

一度はウィルスで梅を伐採しなければならない様になってしまったそうですが、また美しい梅を見ることができたらいいですよね。

そんな青梅市の様子は、ニュースでも中継されています。

現地を見ても解ると思いますが、東京都内とは思えないほどの自然を堪能することができる、贅沢なスポットであることは一目瞭然。

東京都内で田舎暮しを堪能したいなら、この青梅は本当にお勧めですよ。

 

青梅のおすすめ物件

青梅周辺は、中古物件から新築まで、わりと多くの物件に恵まれているようです。

探してみると、良い出会いがあるのではないでしょうか。

 

田舎の子育てデメリット

決してメリットばかりではない

女性にとって気になるのが、田舎に住むことでの子育てに関するデメリットです。

田舎の子育てと言うと、メリットばかりがクローズアップされてしまいがち。

しかし、実際に引越しをしてみると、決してメリットばかりではないのです。

人の入れ替わりが少ない

実際に、田舎での子育てについてデメリットを並べている人がいました。

>>>田舎で子供を育てるデメリットって何ですか?(知恵袋)

 

この中で、注目したいのが「人との関わりなどが、入れ替わりがないので学びにくい」という点。

そう、田舎は人の入れ替わりがあまりないのです。

実際に田舎に転勤した人の話を聞いてみると良くわかりますが、田舎と言うのはまず「大企業」と言うものがないので、外部から転勤してくる人の数が少ないです。

この為、幼稚園から中学校まで、ほぼ同じメンバーのみで固定されてしまい、外部からの刺激が入りにくいとか。

同じ面子とばかり仲良くしていると、人間関係もそこで固定されてしまいますので、人間としての成長を学ぶ機会がなくなってしまうのです。

これは、非常に大きなデメリットです。

 

転勤族を嫌う人がいる、能力を伸ばす場が少ない

また、田舎でずっと過ごしている人の中には「転勤族の子供とは仲良くさせない」と言う人も。

田舎でずっと人が固定されているところに住んでいると、人が出て行くということに慣れていません。

だから、「転勤して出て行かれると、子供のお友達がいなくなるから、あまり仲良くしてほしくない」などと、心無いことを言う人もいます。

都会には大企業が多く、移動が当たり前ですので、こういったことは少なく、初めて田舎に転勤した人は驚くかもしれません。

 

この記事内にある「能力を伸ばす場がない」と言うことに関しても、よく言われています。

田舎では、学校の選択範囲がとても少ないので、自分に合わない学校でも我慢して通わなければならない可能性があります。

田舎では、学校が「文系」「理系」の2種類しかないことも。

他の能力を伸ばしたいと思っても、それが難しい場合も多いのです。

また、コンサート会場などが近くにありませんので、「本物を見る機会が少ない」です。

本物を見る機会が少ないと、それだけ刺激がありませんので、感性が触発されません。

この点を、「田舎のデメリット」として挙げる人は決して少なくありません。

他にも、病院が少なくて具合が悪くなったときに困るなどのことが。

その病院も、とても混んでいてすごく待たなければならないことも多いです。

 

もちろん、田舎での子育てはデメリットばかりではなく、メリットも多いです。

しかし、この様なデメリットも、頭に入れておきたいものです。

遊ぶところがない

遊び場探しに苦労する

田舎で困ることといえば、やはり「遊ぶところが少ない」と言うところでしょうか。

そう、田舎は遊ぶところが少ないです。

山もあり海もあるけれど、それでいつも遊ぶことができるとは限りません。

子育て中の主婦に聞くと、いつも子供の遊び場には苦労しているという話を聞きます。

 

まず、田舎には「遊園地」などという豪華なものはありません。

東京ディズニーランドやUSJなどの施設は遠いことが多いので、公共機関を使って遊びにいく、というのが当たり前。

東京や大阪近隣に住んでいると、これらの場所は非常に近いので、公共機関を使ってわざわざ遊びに行くという感覚がわかりにくいかもしれません。

でも、そうでもしないと行くことができないというのは事実なのです。

飛行機や新幹線を使わないと、遊園地などのレジャー施設を求めることは難しいかもしれません。

 

高知県の例

四国・高知県の例を挙げてみましょう。

高知県は、県庁所在市である高知市はそこそこ環境が整っていますが、両端にある室戸市・土佐清水市などは、本当に遊ぶことができるスポットがありません。

土佐清水市は、夕方7時を過ぎると閉まるお店が多く、さらにコンビニすらありませんので、旅行に行くと夜の食事を確保することが大変。

そのくらいの環境ですので、子供が生まれた場合、生活をするのがちょっと大変です。

本当に、車がなければ何をするのも難しい、と言う土地ですので、都会からいきなり引越しをすると、驚きの連続かもしれません。

慣れれば、それも当たり前のことになるのですけれどね。

 

車がないと生活できない

田舎に住むとなれば、やはり夫と妻で1台ずつ車を所有するというのは必要になると思います。

ちょっと広めで、遊具がたくさんある様な公園は、車がなければ行くことができないことも多いとか。

中には、車で1時間かけて、公園に行くという人もいるそう。

公園に行くたびに、1時間かけてしまうというのは大変なことかもしれません。

 

何より不便といわれているのは買い物。

スーパーが近くにないところだと、買い物ひとつするのも不便なので、やはり車を使って移動するという人が非常に多いです。

その買い物も、週に1~2回に絞って、ピンポイントで買出しに行く。

これが、田舎では当たり前のことなのです。

それも、前述の通り早くに閉まってしまうので、あいている間にぱぱっと済ませなければなりません。

これも、非常に大変です。

田舎暮しのデメリットとしてよく挙げられる「遊ぶところがない」「車がないと生活できない」は、いわれるだけのことはあるといわざるを得ません。

交通の便が悪い

電車やバスの本数が少ない

田舎暮しのデメリットとして、まず挙げられるのがこの点です。

交通の便がよくないこと。

都会だと、5分おきに電車が来て、どこに行くにも不便がない場合が多いのですが、田舎だとそれが難しいです。

1時間に1本しか電車がないことはザラで、バスも1時間に1本の場合が多いです。

つまり、これらの電車やバスに乗り過ごしてしまったら、あとはタクシーや自家用車を使って現地に行くしかないのです。

都会から田舎へ転勤した人は、この点を嘆く人がとても多いです。

都会だと、どこかへ行こうと思った時にフットワーク軽く「どこにでも行こう」と言えるのですが、田舎だとそれが難しいから大変ですよね。

都会だと、「交通の便がいいから車を使用しない」と言う家庭も増えていますが、田舎では「車1台もしくは2台所有」と言うことが当たり前。

最低1台はないと、不便で生活することができないと言われています。

まあ、実際は「住んでみたらどうにかなる」と言うことが多いのですが、東京都内から転勤した場合などは大変かもしれません。

 

車移動が主流になっている

ちなみに、田舎だと休日の遊び場はショッピングモールに集中します。

車がたくさん入るイオンは、田舎ではたくさんの人が集まるスポット。

お正月や連休は、イオンに向かう車で大渋滞ができるくらいの凄まじさだから驚きです。

イオンの駐車場から、なかなか出ることができないほどの混み様ですので、初めて見た人は「イオンがこんなに人気だとは」と驚くかもしれませんね。

このイオンも郊外にあることが多いので、車がなければ移動をすることが難しいのです。

そして、郊外にあったとしても、休日はすごい混みあい方をしますので、ゆっくりすることができないかもしれません。

 

でも、車を運転することが難しいお年寄りにとっては、ちょっと厳しい環境かも。

お年寄りに優しいといわれている田舎ですが、公共機関があまり発達していない地域では、「お年寄りに優しい」とばかりは言えない側面もあるのです。

自宅から病院までが遠く、なかなか移動することが難しいということもあるそう。

田舎にもともと住んでいた人ならともかく、都会から田舎に越してきた人は、なかなか生活に慣れることが難しいかもしれませんね。

田舎でお年寄りが病院に行く際は、タクシーを利用することが多いようです。

この為、各タクシー会社では「お年寄り向けの割引サービス」を実施していることも。

雨の日には、特に忙しくなるそうです。

土地や物価が安い

 

家賃が安い

都会から田舎に来た人が驚くこと、それは家賃や物価が安いことです。

東京をはじめとする都市部は、家賃が高くて当たり前。

日本で一番地価が高いのは東京が頂点ですが、京都や大阪といった都市も軒並み賃貸料は高く、物価も高くなっています。

それに比べれば、田舎はとても賃料が安い。

例えば高知県なら、家賃10万円を払えば駅前の豪邸の様なマンションに住むことができます。

まあ、それだけ賃金もやすいという事実もありますが、生活の中で家賃を節約することができれば、それだけ生活費も節約することができる様になります。

家計のどこを引き締めるかって、何よりも家賃が重要になりますよね。

そのことを考えれば、田舎に住むというのは非常にお財布に優しい土地です。

 

食費を安くできる

また、田舎は食費を安くすることができる可能性も。

田舎では、近所の農家が無人販売所で野菜を販売していることがあり、このお値段はスーパーで購入するよりもずっとお得。

ダンボール入りのみかんが、500円で購入できてしまう様な道の駅もあります。

この様な駅を上手に利用すれば、食費をぐんと安くして生活をすることができますので、本当にお勧めなのです。

こういうところで食費を浮かすことができれば、安く生活をすることができますよね。

中には、つりをしてそれを食卓に乗せるという人もいますので、侮れません。

こういう節約生活が成り立つことも、田舎の大きな魅力なのです。

 

物が安いと、心に余裕ができる

何より、家賃や土地が安いというのは、生活に対するプレッシャーがないと言う意味でいいことではないでしょうか。

家賃が高いと、まずはその家賃を支払う為に、必死に仕事をしなければならないということがあるでしょう。

でも、家賃が安ければ、それだけプレッシャーもなくなります。

一戸建てや分譲マンションを購入する場合、これらのデメリットはより鮮明になりますよね。

都会で高いマンションや一戸建てを購入すると、頭金を入れても高いローンを支払わなければならない可能性が出てきます。

けれど、田舎の家ならそれだけ価格が安くなる可能性がありますので、毎月のローンも楽になるかもしれません。

ローンに関しては、かなり楽になるかもしれませんね。

 

田舎では、とにかく時間がのんびり過ぎていきます。

あれをしなければならない、これをしなければならないということがないので、この点は楽かもしれませんね。

都会の家よりも田舎の家の方が、同じ金額でも立派な家を建てることができ、その点もいいかもしれません。

のんびりした子育てができる

のんびり子育て

田舎のメリットとして、この「子育て」に関することを挙げる人は少なくありません。

とにかく、都会は人が多い。

だから、このことをデメリットに感じて、田舎での子育てを求める人も多いのです。

 

エレベーターでの移動がしやすい

例えば、デパートのエレベーター。

ベビーカーを使うときは、できればエレベーターを利用したいものですが、都会のデパートはどこも人がぎっしりで、なかなか乗ることができないということが多々あります。

とある話で、京都のとあるデパートに並んでいたら、ベビーカー用に用意されているエレベーターがまったく来ない為、仕方なくエスカレーターで移動したというのも見ました。

エレベーターで上で上にいくことすら、これだけの苦労をするのが都会。

都会の子育ては、何かと大変なようです。

 

子供向けイベントでの混雑が少ない

都会では、子供向けのイベントも多く開催されていますよね。

この事実だけ見ると、「都会の方が子供が楽しめるイベントが多い」と思いますが、子供向けのイベントといってもものすごい行列で、どこに行っても並ばなければならないということがあるそう。

子供向けのイベントというと、「トミカ博」「プラレール博」が有名ですが、これらのイベントは非常に混みあっていて、何をするにも行列に並ばなくてはなりません。

この為、子供の年齢が小さいと、並ぶのが大変だという愚痴は良く見ます。

結局、「混んでいるからいかない」と言う人もいますし、行ったとしても、時間がかかりすぎてどうしようもなく、ろくに会場の様子を堪能することもできずに、帰ってきてしまう人も。

イベントに参加するのも大変です。

 

田舎では、こういうことがありません。

田舎でも子供向けのイベントはたくさん開催されていますが、人口そのものが少ないので、「のんびりとした子育てを楽しみたい」と言う人にはぴったり。

それも、自然を楽しむことができるイベントが多いです。

例えば、県の特産物を堪能することができるイベントなどは、県をあげてたくさん開催されていますよね。

川に入って魚とりをしたり、山で虫取りをしたり、自然を活かしたイベントも盛ん。

何より、綺麗な山や海が近くにあるという環境は、子供たちにとても良い影響を与えるはず。

渋滞もありませんし、時間にあまり縛られない、ゆったりとした生活をすることができますよ。

畑があったり、田んぼがあったり、これは私たちが普段お世話になっている食べ物と一緒に生活する環境と暮らすことになります。

自然と共存している人間の姿を、しっかりと感じながら成長すること。

これは、子育てにとても大切なことではないでしょうか。

考えよう田舎暮しのメリット

自然が多い

都会と田舎、何かと比較されがちな両者。

都会には都会の、田舎には田舎の良さがあるのですが、その良さについてじっくりと考える機会は少ないもの。

ここで、そんな「田舎暮しのメリット」について挙げてみましょう。

>>>田舎暮しのメリットデメリット

 

ここで、第一位に輝いているのが「自然が多い」ということ。

そう、田舎の一番のメリットは、豊かな自然を堪能しながら生活することができることです。

美しい緑、白い雲、川で泳ぐ魚など、都会ではめったに見ることができない光景が、田舎では普通に広がってきます。

自然の中になっているびわやイチジクなどを食べたり、川の中に足を入れると魚がよってきたり、そういう楽しみは田舎だからこそ。

緑がある風景と言うのは、それだけで人をリラックスさせてくれます。

「人間は、自然の中で生かされている存在なのだ」と言うことを、実感したいなら田舎暮しはお勧めです。

 

星空が綺麗

第三位にある「星が綺麗」も、意外に大きなメリットですよね。

 

都会では、排気ガスや街の光で美しい星空を見ることはできません。

宮城県の蔵王で撮影された星空などは、とてもキレイです。

 

 

蔵王もなかなかの田舎ですが、こんな星空が堪能できるのは田舎ならでは。

もちろん、ここまで綺麗に撮影するには特殊なカメラが必要ですが、肉眼でも満天の星空を眺めることが可能です。

この動画を見るだけで、「星空って本当はこういう感じなのだ」と言うことを実感することができるでしょう。

この星空を見る為に、都会から田舎へ移り住む人も少なくないのだとか。

 

子供の成長過程に、田舎暮らしはおすすめ

田舎の自然や夜空。

こういう環境の中で育った子供は、大人になってから物の感じ方が違います。

子供の情操教育のために、わざと田舎での生活を選ぶ人もいるのだとか。

豊かな自然は、本来あった自然の息吹を感じさせてくれます。

これが地球本来の姿なのだと感じながら生活することは、子供にとってとても大切なことなのかもしれませんよね。

田舎には、都会では見ることができない地球の姿があります。

 

例えば、東京などの大都市で生活するにしても、日野や多摩などの田舎を選ぶ人は少なくないのです。

日野は、東京でありながら本当に緑豊かな土地。

予断ですが、新撰組副長土方歳三の故郷としても有名ですよね(多摩は近藤勇の故郷です)。

 

 

東京とは思えない、豊かな自然ですよね。

 

葛飾なども、意外に過ごしやすいかもしれません。

東京都内であれば、どこでも一応は交通の便は整っていますので、生活するには困りません。

環境を田舎にすることで、都会にいながら豊かな生活をすることができるのです。

 

都会に住む場合、仕事先は都内の「とても人が多いところ」である場合も多いですよね。

そんな環境でずっと働くのは疲れるので、こういう